道民雑誌「クォリティ」は、政治・経済をはじめ、北海道のすべてがわかる総合月刊誌です。
症例別 〜この病気にこのドクター〜

医療法人社団 神谷レディースクリニック

神谷 博文院長

【2019年3月号掲載】
専門は不妊治療で全国から不妊症に悩む患者が訪れる。タブレットによる初診時説明などIT化を推進、より充実した診療体制に。

岩見沢レディースクリニック

岡田 匡弘院長

【2019年3月号掲載】
同院は産科と婦人科を診療。産科はプライバシーや快適な環境に配慮している。

医療法人 札幌乳腺外科クリニック

岡崎 稔理事長

【2019年3月号掲載】
昨年開院20年を迎え、乳がんの年間手術数は道内1位を誇る(2017年・478例)。病床数は19床。

札幌西レディースクリニック

寺澤 勝彦院長

【2019年3月号掲載】
2005年5月に開院。産科をはじめ、子宮筋腫や更年期障害等、一般的な婦人科治療を行っている。

みずうち産科婦人科

水内 英充院長

【2019年3月号掲載】
水内英充院長は、不妊治療と子宮がん検診に力を入れており、稚内や網走、滝川など道内各地から患者が訪れる。

医療法人社団 EVEウィミンズクリニック

小泉 基生院長

【2019年3月号掲載】
2016年に医療法人になり、最新の医療機器や設備などのハード、熟練したスタッフのソフトを備え、お産から婦人科疾患まで幅広く対応している。

医療法人社団 青木内科クリニック

青木 伸院長

【2018年12月号掲載】
近年、糖尿病に関する新薬の登場が著しい。インクレチン製剤の飲み薬「DPP‐4阻害薬」は単独使用では低血糖を起こさない画期的な薬である。

富澤内科クリニック

富澤 磨須美院長

【2018年12月号掲載】
2015年から週1回の糖尿病治療薬が登場した。いずれもインクレチン関連治療薬。

さっぽろ糖尿病・甲状腺クリニック

竹内 淳院長

【2018年12月号掲載】
竹内院長は糖尿病患者を対象に、糖質比率の異なる食材によって血糖値の変動を調べる臨床研究を実施している。

石田内科クリニック

石田 祐一院長

【2018年12月号掲載】
40歳以上の5人に1人が糖尿病やその予備軍だが、検査や治療を受けるのは一部だ。

さかうえ内科クリニック

坂上 慎二院長

【2018年12月号掲載】
坂上慎二院長は北大病院の元診療准教授。15年にわたり糖尿病中心の診療・研究を行ってきた。

医療法人社団我汝会 えにわ病院

玉井 幹人整形外科部長

【2018年11月号掲載】
同院の特徴だが、「肩関節・上肢」「脊椎外科」「股関節」「膝関節・下肢」、4つの専門グループに分類し、各グループに専門医を配しハイレベルな治療を実施。その手術件数は、年間約2500件を数える。

1 2 3 7 »

症例別カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 月刊クォリティ All Rights Reserved.
このページに掲載された内容の著作権は、株式会社太陽に帰属します。 無断での複製・掲載・転載・放送等を禁じます。

※コンピューターの漢字表示制限により、一部の漢字をひらがな等で表記している場合があります。