道民雑誌「クォリティ」は、政治・経済をはじめ、北海道のすべてがわかる総合月刊誌です。
症例別 〜この病気にこのドクター〜

医療法人社団我汝会 えにわ病院

玉井 幹人整形外科部長

【2019年12月号掲載】
えにわ病院の特徴だが、専門グループを「肩関節・上肢」「脊椎外科」「股関節」「膝関節・下肢」の4つに分類し、グループごとに専門医を配しハイレベルな治療を実施している。

医療法人 北海道整形外科記念病院

三上 将副院長・人工関節外科センター長

【2019年12月号掲載】
変形性膝関節症や関節リウマチの治療で、人工膝関節置換術を実施。これは破壊された関節の表面を人工関節に置き換え、同時に膝の変形を矯正する手術。

医療法人 札幌円山整形外科病院

竹林 庸雄院長

【2019年12月号掲載】
札幌円山整形外科病院では、2016年11月に札幌医大の准教授だった竹林庸雄氏が院長に就任、首(頚椎)や腰(腰椎)に起因する脊椎脊髄病の専門外来がスタートした。

医療法人元生会 森山病院

有山 弘之整形外科部長

【2019年12月号掲載】
外反母趾は女性に多く、母趾(足の親指)の付け根の関節が「くの字」に曲がり、痛みや痺れ、歩行障害などの症状が出る。

札幌スパインクリニック

渡邊 吾一院長

【2019年12月号掲載】
くび・腰などの脊椎専門クリニック。渡邊吾一院長の専門は腰部脊柱管狭窄症、骨粗鬆症性椎体骨折(圧迫骨折)、脊柱側弯症などの脊椎疾患。

医療法人社団 さっぽろ麻生クリニック

谷岡 富美男院長

【2019年12月号掲載】
ペインクリニックは様々な「痛み」の診断と治療を行う専門科である。痛みがこじれ、交感神経や知覚神経が過敏になって痛みがさらに悪化する「痛みの悪循環」を断ち切るため、必要に応じて局所麻酔薬を用いた神経ブロックやトリガーポイント注射を行う。

社会医療法人医仁会 中村記念病院

【2019年11月号掲載】
MVD(微小血管減圧術)センターでは、三叉神経痛や顔面けいれんの専門治療を行い、年間およそ80症例の手術をこなす。

医療法人社団研仁会 北海道脳神経外科記念病院

小柳 泉院長・脊椎脊髄センター長

【2019年11月号掲載】
北大脳神経外科の都留美都雄初代教授の退官を記念し、1983年10月に設立。開院以来、脳・脊髄疾患の専門病院として超急性期の最先端医療を担っている。

医療法人秀友会 札幌秀友会病院

【2019年11月号掲載】
札幌秀友会病院は、開院以来、病気やケガの発症直後の超急性期から在宅まで一貫した医療を実践してきた。

社会医療法人医翔会 札幌白石記念病院

【2019年11月号掲載】
野中理事長は札幌医大の元准教授で、脳梗塞の血栓回収術やくも膜下出血のコイル塞栓術による血管内治療に力を入れている。血管内治療の指導医2名が常勤。

社会医療法人禎心会 札幌禎心会病院

徳田 禎久理事長

【2019年11月号掲載】
社会医療法人禎心会(徳田禎久理事長)は、2015年11月に禎心会病院を移転新築し、札幌禎心会病院を開院した。

医療法人一仁会 南札幌脳神経外科

小笠原 俊一院長

【2019年11月号掲載】
脳神経外科とリハビリテーション科の有床診療所として1999年に開業。

1 2 3 8 »

症例別カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 月刊クォリティ All Rights Reserved.
このページに掲載された内容の著作権は、株式会社太陽に帰属します。 無断での複製・掲載・転載・放送等を禁じます。

※コンピューターの漢字表示制限により、一部の漢字をひらがな等で表記している場合があります。