道民雑誌「クォリティ」は、政治・経済をはじめ、北海道のすべてがわかる総合月刊誌です。
症例別 〜この病気にこのドクター〜

医療法人札幌ハートセンター 札幌心臓血管クリニック

【2020年8月号掲載】
札幌心臓血管クリニックは、ロボットによる「ダヴィンチ手術」を駆使した低侵襲心臓手術を昨年6月から実施している。

社会医療法人医翔会 札幌白石記念病院

宮田 節也副院長

【2020年8月号掲載】
循環器内科の患者の割合は、狭心症が3割、不整脈が4割、残りの3割が下肢動脈閉塞や心不全。

医療法人社団エス・エス・ジェイ 札幌整形循環器病院

【2020年8月号掲載】
尾﨑副院長の専門は、動脈硬化予防と狭心症・下肢動脈疾患など血管内治療だが、心臓リハビリにも力を入れている。

医療法人社団 浜辺晃循環器科内科クリニック

【2020年8月号掲載】
生活習慣の欧米化や運動不足、飽食による肥満の増加が高血圧や脂質異常、糖尿病を引き起こす。これらの疾患はすべて血管を標的に障害を起こす心血管病である。

さっぽろ不整脈クリニック

【2020年8月号掲載】
不整脈の専門クリニックとして2017年11月、札幌都心に開業。循環器の病気の中で患者が多い不整脈は、動悸、息切れ、胸部の違和感、めまい、ふらつきなどの症状を呈するが、うつや不安神経症と間違われることも少なくない。

塚本循環器ハートクリニック

塚本 勝院長

【2020年8月号掲載】
心臓超音波検査(心エコー)による循環器診療を中心に、生活習慣病の管理を扱う。塚本院長はもともと心臓血管外科医として、弁膜症や冠動脈バイパスなどの開心術を1000例以上行ってきたが、定年を契機に開業した。

あさぶハート内科クリニック

【2020年8月号掲載】
心不全には、心肥大などの器質的な心臓の変化はあるが、症状がない「隠れ心不全」のステージがある。

白石スキンケアひふ科クリニック

【2020年7月号掲載】
山下利春院長は札幌医大の前教授で、2016年4月に開業した。専門はウイルス性皮膚疾患や皮膚がんなど。

医療法人社団北燈会 すみかわ皮膚科アレルギークリニック

【2020年7月号掲載】
昨年10月に開業。澄川靖之院長の専門はアトピー性皮膚炎で、これまでに数多くの症例を手がけてきた。今年4月には札幌医大の臨床教授に就任、週に1回(木曜日・午後)、医大で診療している。

ひろせ皮フ科クリニック

【2020年7月号掲載】
一般的な皮膚科診療に加え、画期的なメディカルエステを行っているクリニック。従来のQスィッチヤグレーザーは色素斑の治療に用いられてきた。

医療法人徳洲会 札幌徳洲会病院

【2020年6月号掲載】
札幌徳洲会病院の耳鼻咽喉科では執行寛主任部長と片山部長の2名が担当。診察から検査、手術、入院まで幅広く対応している。

医療法人社団 こじま耳鼻咽喉科クリニック

【2020年6月号掲載】
小島正院長は中耳炎や副鼻腔炎、扁桃炎(炎症疾患)、めまい、難聴(神経疾患)といった耳鼻咽喉科全般に精通している。

1 2 3 7 »

症例別カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 月刊クォリティ All Rights Reserved.
このページに掲載された内容の著作権は、株式会社太陽に帰属します。 無断での複製・掲載・転載・放送等を禁じます。

※コンピューターの漢字表示制限により、一部の漢字をひらがな等で表記している場合があります。