道民雑誌「クォリティ」は、政治・経済をはじめ、北海道のすべてがわかる総合月刊誌です。

ヘルスケア 〜症状から治療まで〜

  • HOME »
  • ヘルスケア 〜症状から治療まで〜

ヘルスケアイメージ

【眼科】白内障、緑内障、加齢黄斑変性…ドクターがアドバイス

 「ヘルスケア大百科」は病気にならないための健康情報に加え、診療科ごとに顕著な病気を専門医に解説してもらうシリーズ。最新のトピックスを掲載、また食事について識者のインタビューを加えた。
今月は「目の病気」について専門医の意見を交え、わかりやすく紹介する。

【はじめに】失明率の第1位は日本・緑内障、海外・白内障

厚生労働省の調査によると、日本人の目の病気で失明率が最も高いのは緑内障(20・9%)で、糖尿病網膜症(19・0%)、網膜色素変性(13・5%)、加齢黄斑変性(9・3%)と続く(図1)。
高齢者の目の病気の代表格である白内障は3・2%の失明率で、ほかの病気と比べ非常に少ない。海外では白内障による失明率は第1位になっていることから、その意味では日本は白内障治療の先進国であるといえる。

【白内障】濁った水晶体を「眼内レンズ」に交換




白内障は50代で45・5%、60代で74・5%、70代で90・5%、80代以上でほぼ100%が罹患するといわれている(図2)。
白内障はタンパク質の蓄積で水晶体が濁る病気だが、発症のメカニズムについては、北大の石田晋教授がインタビューでわかりやすく解説しているので、そちらを参考にしてもらいたい(図3)。
治療では、濁った水晶体を眼内レンズに交換する「超音波水晶体乳化吸引術」が行われるが、眼内レンズが改良され、最近では「遠近両用」や「乱視矯正用」などさまざまな眼内レンズが登場している。

【白内障】外傷やアトピー性皮膚炎で若い人でも白内障に

白内障は、加齢が原因で50代以上に発症する場合が多いが、①外傷や②アトピー性皮膚炎、③糖尿病、④ブドウ膜炎では、20代でも白内障になる場合がある。
白内障は、目の炎症により代謝機能が変化して水晶体が濁る病気。若いとき目に外傷があると、炎症が生じて白内障になることもある。
「スポーツでボールが目に当たったり、喧嘩で殴られた経験のある人は、若年でも白内障になる場合があるので注意していただきたい」(北大・石田晋教授)

【緑内障】房水の流れを変え眼圧を下げる




緑内障は眼圧が上昇し、視神経が障害されることで視野が狭くなる病気である。進行すると失明することもあるので注意したい。前述したように日本人の失明率のトップは緑内障だ。
目の中には血液の代わりに栄養を運ぶ「房水」と呼ばれる液体が流れている。
房水は毛様体でつくられ、シュレム管から排出される。目の形状は、この房水の圧力によって保たれていて、これが「眼圧」である(図4・5)。
治療では、薬や手術でこの房水の循環を変える治療が行われる。

●【緑内障】眼内の血流を増加眼圧上昇を抑制
緑内障の進行を抑制するサプリメントで知られるのが「カシスアントシアニン」。札幌医大の臨床試験で、その有効性が認められている。
カシスアントシアニンは、眼内の血流を増加させ、眼圧の上昇を抑制、視野障害の進行を軽減させる。ただ服用にあたっては、専門医に相談した方がよい。

【加齢黄斑変性】酸化ストレスで異常な「新生血管」が発生

黄斑部は目に入る光が集中する箇所で、血流が豊富な箇所であるため、酸化ストレスが生じやすい。加齢により酸化ストレスが蓄積すると、健康な状態では存在しない「新生血管」と呼ばれる異常な血管が、黄斑部の脈絡膜(網膜より外側にある血管が豊富な膜)から発生し、網膜側に伸びてくる。
この新生血管の血管壁は非常にもろいため、血液が黄斑組織内に漏れ出し(滲出)、黄斑機能を障害する。これが日本人に多い滲出型の加齢黄斑変性である(図6)。
症状は、視力低下や変視症(ものがゆがんで見える)、中央の視野が欠けるなど。
診断は、一般的には視力検査と眼底検査を行い、確定診断ではフルオレセインやインドシアグリーンの蛍光剤を用いた造影検査や網膜光干渉断層計による検査で鑑別する。
治療は、抗VEGF薬による薬物治療がメインになるが、旭川医大の大野晋治講師がインタビューでわかりやすく説明しているので、参考にしてもらいたい。

●【加齢黄斑変性】「ルテイン」は酸化ストレスを抑制
「ルテイン」は黄斑に含まれ、光の集中によるストレスを軽減させるサングラスのような役割を担う。加齢でルテインが減少するため、補充が必要だ。
また加齢黄斑変性の原因となる酸化ストレスを抑える作用もある。
サプリメントで簡単に摂取できるので、一度試してみては。

【運動】目の筋肉をほぐす

パソコンで作業を行うときは、1時間ごとに10~15分の休息がおススメ。また目の周りの筋肉をほぐすストレッチが効果的だ。
目のストレッチの一例を紹介する(図7)。

【白内障】加齢で蓄積した老廃物で水晶体が濁り視力が低下

▲北海道大学大学院
医学研究院
眼科学教室
石田 晋教授

――白内障とはどういう病気ですか。
白内障は水晶体が濁って、光が通りにくくなり、視力が低下する病気です。
水晶体が濁るのは、加齢によって眼内の細胞の老廃物がたまるのが原因です。細胞の代謝で老廃物の排泄がうまく処理できなくなって蓄積していくわけです。濁りの成分は「AGE」(最終糖化産物)で、実は白色ではなく茶色なんです。濁った水晶体は白色ですが、内側は茶色でそれがAGEです。老化で皮膚のシミ(茶色)ができるのもAGEの蓄積が原因です。

――治療は。
水晶体を透明な人工の眼内レンズで取り換える手術を行います。
具体的には「超音波水晶体乳化吸引術」という、超音波で混濁した水晶体を破砕して、その小片を吸い取る手術で傷口が小さくて済みます。
白内障手術はさらに進化してごく小さな傷口なので縫わなくて済む「極小切開創自己閉鎖術」にまで進んでいます。

【緑内障】副作用のない新薬や負担軽減の合剤も

▲札幌医科大学
眼科学講座
大黒 浩教授

――緑内障の治療は。
緑内障は神経線維が侵害される病気で、一度減った神経は元には戻らず、完治はできません。進行を抑える治療になります。
治療では、眼の中にたまっている房水の循環を変えるプロスタグラジンのような点眼薬をさします。この薬は毛様体から出る房水の量を減らしたり出口の繊維柱帯を広げて房水を流れやすくする作用があります。
手術は①「流出路再建術」と②「線維柱帯切除術」(ろ過術)があり、①はレーザーや切開により線維柱帯の詰まったところを流れやすくする手術。②はたまった房水を結膜という表面の皮の下に流す手術です。①は安全ですが、②は失明などのリスクを伴うので、第一には①を行います。

――新薬や合剤が出てますね。
はい。従来のプロスタグラジンの副作用(目のくぼみ)がない新薬が2年前に出ました。またβ遮断薬との合剤も出て、服用での負担が軽減されています。

【加齢黄斑変性】加齢による酸化ストレスで異常な新生血管ができる

▲旭川医科大学
眼科学講座
大野 晋治講師

――加齢黄斑変性とは。
加齢によって酸化ストレスが蓄積して、網膜の炎症を引き起こし、異常な血管(脈絡膜新生血管)が発生して発症します。最近では喫煙が発症リスクになることがわかっています。
症状は、中心がゆがんで見えたり、見えずらいなど。両目だと症状に気づかない場合もあるので、片目で見てチェックすることが大切です。

――診断と治療は。
まず眼底検査で診断して、病気が疑わしい場合にはOCT(光干渉断層計)を使います。また新生血管を見つけるために造影検査を行う場合もあります。
治療は、ルセンティスやアイリーアによる薬物療法(抗VEGF療法)に加え、最近ベオビュが承認されました。硝子体注射を行い、新生血管で増えた血管内皮増殖因子(サイトカイン)を中和して、その働きを失わせる治療が行われます。日本では、従来の光線力学療法(PDT)も見直され、抗VEGF療法と併用する傾向にあります。

【食事】目の老化を防ぐ「ルテイン」目の回復に効果的な 「アントシアニン」

▲札幌医科大学
保健医療学部
基礎臨床医療学
齋藤 重幸教授

――目によいとされる食事は。
薄暗いところで物が見えにくくなる「夜盲症」(とり目)は、ビタミンAの摂取不足が原因だといわれています。ビタミンAの主要成分であるレチノールは、目の網膜にある色素「ロドプシン」をつくるのに必要で、レバーやうなぎ、緑黄色野菜に多く含まれています。
「ルテイン」は、天然色素であるカロテノイドのひとつで、目の黄斑部などに多く存在し、抗酸化作用により目の老化を引き起こす活性酸素を抑えたり、有害な光を吸収して目を守る働きがあります。これは緑黄色野菜や玉子などに多く含まれます。
また「アントシアニン」は、先程ふれたロドプシンの再合成を促進し、疲れ目の回復などに効果があります。こちらはブルーベリーやブドウ、赤ジソ、黒ゴマなどに多く含まれています。
そのほか、ビタミン「B1」や「B2」、「C」、「E」のようなビタミン群は、疲れ目や目の充血を防ぐ効果があり、また亜鉛やセレンなどのミネラルも目の老化や疲れ目によいとされています。亜鉛は牡蠣やビーフジャーキ、チーズなどに、セレンは鰹節やタラコ、ブリ、レバー、カシューナッツなどに多く含まれています。

PAGETOP
Copyright © 月刊クォリティ All Rights Reserved.
このページに掲載された内容の著作権は、株式会社太陽に帰属します。 無断での複製・掲載・転載・放送等を禁じます。

※コンピューターの漢字表示制限により、一部の漢字をひらがな等で表記している場合があります。