道民雑誌「クォリティ」は、政治・経済をはじめ、北海道のすべてがわかる総合月刊誌です。
パワフルカンパニー

医療

医療法人徳洲会 札幌徳洲会病院

【2019年9月号掲載】
鼠径ヘルニアとは、鼠径部(太もも付け根)の筋肉が緩み隙間ができることで腸の一部が脱出し、下腹部に膨らみとしてあらわれる病気で、かつて脱腸といわれた。

医療法人新産健会 LSI札幌クリニック

【2019年9月号掲載】
LSI札幌クリニック(服部直也院長)は、がん・脳卒中・心筋梗塞の三大成人病に特化したコースを実施している。がんは主にPETで、脳卒中はMRIで、心筋梗塞は心筋SPECTで診断。

社会医療法人社団カレスサッポロ 北光記念クリニック

【2019年9月号掲載】
糖尿病は、糖尿病性腎症などの合併症を併発しがちで、進行すると腎不全による透析が必要になる。

医療法人社団 蘇春堂形成外科

【2019年8月号掲載】
野平久仁彦院長は、「まぶたと顔の若返り手術」が専門。眼瞼下垂は、加齢に伴い、まぶたを上げる筋肉が緩んだりまぶたの皮膚が垂れ下がり視野が狭くなる症状である。

医療法人社団医修会 大川原脳神経外科病院

大川原前田院長

【2019年8月号掲載】
「胆振地方在住の患者さんに、都市圏と同等の医療を提供する」という理念を掲げる大川原脳神経外科病院(大川原淳理事長)は2018年5月、新築移転して3年を迎えた。

医療法人一仁会 南札幌脳神経外科

【2019年7月号掲載】
医療リハビリは受ける日数に制限があり、それを過ぎると介護保険の通所リハビリを受ける様に促され、「リハビリ体制が十分とは言えない通所リハを選択せざるを得ない」と小笠原俊一院長。

医療法人航和会 脳神経外科おたる港南クリニック

スタッフ

【2019年7月号掲載】
脳梗塞など急性期治療を中心に診療。脳血管障害のリハビリと訪問診療・訪問リハビリの在宅医療に力を入れる。

医療法人喬成会 花川病院

【2018年7月号掲載】
“高齢者医療を中心に明るい声・優しい心をモットーとした、地域に信頼される病院”を旗印に、1979年に開院した花川病院。

我汝会えにわ病院

木村正一理事長

【2019年7月号掲載】
我汝会グループは、えにわ病院・さっぽろ病院・あすなろ整形外科の3つで整形外科の最先端の医療提供を目指している。

さっぽろ糖尿病・甲状腺クリニック

【2019年7月号掲載】
糖尿病は血糖の管理以外にも腎不全や糖尿病網膜症のような合併症の有無など他科と連携したトータルな医療が求められる。

医療法人 札幌山の上病院

【2019年7月号掲載】
がん患者は、初期治療が終了した後、多くの疾患や障害が重複する〝多疾患・重複障害〟になりやすく、安心した在宅生活が困難になる場合が少なくない。

医療法人豊生会 東苗穂病院

東苗穂病院

【2019年7月号掲載】
医療と保健、介護と福祉の継続したサービスと、疾病予防・介護予防を統合的に提供する豊生会東苗穂病院。

1 2 3 4 »

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 月刊クォリティ All Rights Reserved.
このページに掲載された内容の著作権は、株式会社太陽に帰属します。 無断での複製・掲載・転載・放送等を禁じます。

※コンピューターの漢字表示制限により、一部の漢字をひらがな等で表記している場合があります。