道民雑誌「クォリティ」は、政治・経済をはじめ、北海道のすべてがわかる総合月刊誌です。
パワフルカンパニー

アグリビジネス

中札内村農業協同組合

【2020年9月号掲載】
――コロナの影響はありますか。
はい。コロナの影響で生産者は苦労しています。中札内村は、主にえだ豆を生産し、全国の36都道府県の学校給食に使われ、年間およそ1000トンを出荷していますが、コロナによる学校の休校で昨年と比べて3割程の減収になっています。

一般財団法人 北海道農業近代化技術研究センター

細越良一理事長

【2020年5月号掲載】
人手不足が叫ばれるなか、道内ではとりわけ〝ドライバー不足〟が顕著だが、北海道農業近代化技術研究センター相談役の細越良一氏は、「北海道が将来にわたって発展し続けるには、早急に『将来を見据えた交通・輸送体系』の検討を始める必要がある」と説く。

㈱アクト

【2020年4月号掲載】
農業施設メーカーの㈱アクト(本社・帯広市、内海洋社長)は、産総研や帯広畜産大学との共同研究で、消毒装置や浄化槽などを開発・販売している。

帯広市川西農業協同組合

川西農協_有塚利宣組合長

【2019年4月号掲載】
帯広市川西農業協同組合(有塚利宣組合長)の「十勝川西長いも」は、全国に知られる地域ブランド。米国や台湾への輸出も好調で2015年度産の輸出額は10億円を超えた。その輸出による農家所得向上への貢献が評価され、17年4月に農林水産大臣賞を受賞した。

株式会社髙橋農産

髙橋伯尚社長(右)と兄・髙橋正明氏

【2018年5月号掲載】
髙橋農産(5代目・髙橋伯尚社長)は、10年3月に設立。米や黒大豆を中心に生産し、全国各地へ販売している。

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 月刊クォリティ All Rights Reserved.
このページに掲載された内容の著作権は、株式会社太陽に帰属します。 無断での複製・掲載・転載・放送等を禁じます。

※コンピューターの漢字表示制限により、一部の漢字をひらがな等で表記している場合があります。