【2019年6月号掲載】

【住所】札幌市西区八軒9条西10丁目448番地9
【TEL】 011-642-5155
【URL】https://www.nasio.co.jp/

「ビジネス開発事業部」開設で海外輸出やeコマースに注力 次世代に向けた経営基盤構築へ

ナシオ平公夫社長

▲平公夫社長

大手老舗の菓子卸売業で、全国7ヵ所の営業拠点(北海道、東北、首都圏、中部東海、関西、中四国、九州)を構え、国内ほぼ全ての地域をカバーする販売網を構築。

2018年度は、売上高567億円を達成する見込みで、増収増益と順調に推移。売り上げの8割が道外で、そのうち半数を関東などの首都圏が占める。

平社長は「北海道はほぼ横ばいだったが、首都圏での売り上げの伸びが好業績を牽引している」と分析する。

今後は倍の1000億円を視野に次世代に向けた経営基盤の整備に全力投球する方針。

そのカギを握るコンピューターのクラウド化や本社の事務センター化を核としたローコストオペレーション構築も順調だ。

今後の課題は次世代への組織づくりと後継者の育成。

昨年7月には、後継者の平元彦氏が常務に昇格し、首都圏本部の「ビジネス開発事業部」で、海外輸出やeコマースの取引拡大に力を注ぐ。

今年春に20名の社員を採用、3年間で商品や物流知識に関する社内研修を実施。海外の共通語である英会話や英文研修に力を入れ、今年は社員がタイの市場視察(1〜3月)、秋には若手幹部が米国の視察を予定している。

「働きやすい職場環境の改善や海外の市場開拓で、売り上げ1000億円を目指したい」と平社長。

ナシオ本社

▲ナシオ本社