【2019年6月号掲載】

【住所】帯広市西22条北1丁目13
【TEL】 0155-37-3983
【URL】http://www.arcs-g.co.jp/group/fukuhara/

福原初の業態店舗「スーパーアークス鳥取大通店」が4月27日オープン

福原郁治社長

▲福原郁治社長

福原は道内最大手の食品スーパー・ラルズと02年に経営統合し、「アークス」を設立。道内最大の流通グループの一翼を担っている。

帯広市内に8店、十勝郡部16店、釧路市内10店、根釧郡部で8店の計42店舗を展開。

同社は「ビッグハウス釧路店」(釧路市鳥取大通2丁目)を建て替え、4月27日に「スーパーアークス鳥取大通店」がオープンした。店舗面積は4857平方㍍で、駐車場200台収容。

業態は、大型店のビッグハウスと通常のスーパーフクハラの中間クラス。生鮮食品を中心に品揃えを拡大、また従前の低価格は維持し、きめ細かな消費ニーズに応える方針だ。日用品ではペットフードも揃える。

福原が展開するスーパーで「スーパーアークス」を屋号とする業態の店舗は今回が初めてで、「ビッグハウスの進化形として位置付けている」と福原社長。

同社は①「生産性の向上」②「商品、接客サービスの差別化」③「制度改革」をスローガンに掲げる。

①の実現を担う「生産性向上推進室」では、配送作業の効率化やセミセルフレジの導入(現在4店舗)などに力を注いでいる。

②は「簡便性」「安心・安全」「地元商品」などをテーマに、新たな「福原MD」を設定。

③はコンプライアンスの遵守を第一に、やりがいと働きがいのある職場づくりを推進している。

▲福原本社