【2021年9月号掲載】

【住所】札幌市白石区東札幌2条3丁目6番10号
【TEL】 011-824-3131
【URL】http://www.sanjukai.or.jp

最新のICTを利用して全道各地へ 高度な泌尿器科医療を提供

▲佐藤 嘉一院長

1978年に北海道で最初の泌尿器科専門病院として開院。泌尿器科の勤務医9名全員が専門医・指導医で、麻酔科医も常勤。高齢や遠隔地からの患者も多く、患者のみならず家族を含めた治療環境を心がけている。

尿路結石の治療では、日本で最初の体外衝撃波破砕装置(ESWL)を導入し、日本における尿路結石治療の中心的施設の一つとして尿路結石の治療に携わっている。

また前立腺肥大症、前立腺がん、腎臓・膀胱尿管がんなどの治療にも積極的に取り組むとともに、勃起障害(ED)や男性更年期障害では専門外来を設け、生活の質(クォリティ・オブ・ライフ)の向上にも尽力。女性に多い過活動膀胱など「女性のための泌尿器外来」も開設している。

三樹会病院外観

また同病院では「オンライン診療」や「遠隔医療システム」を活用して泌尿器科専門医がいない地域を中心に地域医療支援に注力。オンライン診療では「高画質で患者の顔がよく見え、目の前で診察しているのと変わらない印象」と評判で、患者は戸惑うことなく、診療を受けられる。地域の医師にとっては専門医の意見による的確な診療につながり、患者の状況把握やフォローに役立っている。

佐藤 嘉一院長(さとう よしかず)
札幌医科大学卒。Alert Einstein College of Medicine留学(1997年9月~2000年3月)、札幌医科大学講師などを経て02年から三樹会病院に勤務。15年1月に院長に就任。日本泌尿器科学会専門医・指導医。日本性機能学会副理事長、日本men’shealth学会(男性更年期障害)理事等。札幌医科大学臨床教授。