【2019年9月号掲載】

【住所】札幌市中央区南3条西1丁目
【URL】https://yoshida-koumuinhouka.jp/
〈吉田学園情報ビジネス専門学校 公務員系学科分離独立〉2020年4月開校予定(計画承認後認可申請予定)

各校のお問い合わせは、吉田学園 入学相談室  0120-607033
E-Mail  public@yoshida-g.ac.jp

札幌大通りで広く学べる実績のカリキュラム

人間性豊かで専門性の高い人材を育成、輩出する吉田学園情報ビジネス専門学校。なかでも公務員学科は道内で最も開設が早く、毎年極めて高い合格率を達成しているが、2020年4月から「公務員系」分野の学科が分離・独立する形で「吉田学園公務員法科専門学校」が新たに開校予定。

学科開設33年の歴史と実績に裏打ちされたノウハウに加え、アクセスが良く、周囲の学習環境が充実した札幌大通り(中央区南3条西1丁目)に移転となることで、一層“学びやすさ”に磨きがかかるが、これまで高い合格率を達成してきた背景には、独自の実践的カリキュラムがある。

そのひとつは「最強の面接指導」。職種研究や自己分析を段階的に実施し、一人ひとりに時間をかけた指導を行うというもの。最終試験に向け、近年増加している集団面接や集団討論も視野に入れた授業を展開し、グループでの面接練習も行われる。

また、担任制を導入し、教員と学生との距離を近くすることで、それぞれの生徒に合ったきめ細やかな指導を実施する「担任制+充実の学習環境」の構築も大きな要因のひとつ。

加えて、教員は公務員受験指導の経験が長いプロばかりとあって、試験内容や状況の変化にも対応した指導が受けられるほか、公務員採用担当者や、OB、OGによる講話も行われ、よりリアルな知識、広い視野を得ることができる。

社会で差がつく〝人間教育〟

〝公務員試験合格はゴールではなく、スタートライン〟を標榜する同校では、社会に出た時にプラスとなる人間性や社会性を育む教育にも注力している。

なかでもパソコンを使用するスキルは現代社会には欠かせないものとなっているが、同校ではワードやエクセルを使用した書類作成はもとより、パワーポイントを活用したプレゼンテーション資料の作成など、現場で必要とされる学びにも力を入れたカリキュラムを構成。

そのほか、学園祭やスポーツフェスティバルなどの行事や部活動、そして募金活動や北海道マラソンの給水スタッフ活動などを通し、知識のみを追求するのではなく、コミュニケーション力の高い人間性を磨きながら、接遇に長けた人財、社会適応力の高い人財、優れた専門性を持つ人財を育成する環境が整えられている。

 

◆取得可能資格
【2年制】日本語ワープロ検定、日本漢字能力検定、情報処理技能検定(表計算)、全経簿記能力検定、電卓計算能力検定、全経所得税法能力検定
【1年制】日本語ワープロ検定、全経簿記能力検定、情報処理技能検定(表計算)、全経所得税法能力検定、電卓計算能力検定

◆募集学科
公務員学科(2年制、74名)
※市町村専攻・警察消防専攻
公務員学科(1年制、37名)

◆WEB出願システム導入