【2019年9月号掲載】

【住所】札幌市豊平区月寒西1条9丁目10‐15
【TEL】 011‐851‐9361
【URL】http://www.kibou.ac.jp/daiichi

生徒の輝かしい未来を導き出す3つの指導システム「COMPASS(コンパス)」

授業風景

「目は高く 足は大地に」という校訓のもと、多角的な教育を実践し続け、道内トップレベルの進学実績を誇る札幌第一高校。熱意ある教員の親身な教育は、かねてから生徒はもとより保護者からも高い支持を得ており、なかでも同校独自の取り組みとして評判なのが、目標への針路を明確に示す3つの指導システム「COMPASS(コンパス)」だ。

生徒の未来を導き出すための具体的な取り組みで、1つ目は、2020年度から始まる新大学入試にも対応した「探求コンパス」。知識や技能を活用して自ら課題を発見し、その解決に向けて“探求する力を伸ばす”というもので、現代社会が求める力が養われる。

2つ目は、個別面談を重視し、生徒一人ひとりに的確な進路指導を行う「進路コンパス」。さまざまな現場で活躍する卒業生を講師に招いたセミナーや、道内国公立大学はもとより、有名私立大学の担当者と直接話すことができる相談会を開催するなど、生徒に〝夢実現への手がかり〟を提供している。

3つ目は学習内容定着を図るための「学習コンパス」。確認テストやフォローアップ講習を重ねることで、学習の基礎を固めるというもの。さまざまなテーマの講座制講習で実力を養成し、自身の成長をしっかりと感じられる学習指導システムだが、17年からは北大合格者の増加を図るための〝HUPプロジェクト〟も加わり、高い目標を持った生徒に対して、より充実した指導を展開。今年3月にはプロジェクトの一環としてJAXAに見学・研修ツアーを実施するなど、活発な取り組みが行われている。

入学時に選択するコースは、全国レベルの部活動を続けながら国公立大学を目指す〝文理北進”、難関国立大や医学部医学科を目指す〝文理選抜”、自身の得意分野を伸ばしながら文武両道を実現する〝総合進学”を開設している。

また、近年の取り組みに目をやると、昨年11月から導入した〝チューター制度”が好評。同校を卒業した北大生が常駐し、在校生に対し、勉強はもちろん、さまざまな〝経験”を伝えている。先輩である現役大学生のリアルな指導が受けられるわけだ。

一方、部活動もこれまで同様活発。強豪として知られる野球、サッカー部をはじめ、チアリーダーや陸上部なども全国大会で躍動しているほか、吹奏楽部や合唱部といった文科系のクラブも華々しい活躍を見せている。

2019年度合格者数 国公立大学合格実績

北海道大学 31人、札幌医科大学(医学科) 3人、旭川医科大学 2人、小樽商科大学 28人、北海道教育大学 28人、室蘭工業大学 14人、北見工業大学 9人、札幌市立大学 3人、京都大学 1人、大阪大学 2人、東北大学 2人、筑波大学 1人、横浜国立大学 1人、東京芸術大学 1人、弘前大学 21人、国公立大学207人合格

■道内入試試験説明会
9月7日㈯ 岩見沢市
9月7日㈯ 苫小牧市
9月7日㈯ 小樽市
9月8日㈰ 函館市
9月14日㈯ 釧路市
9月15日㈰ 帯広市
9月28日㈯ 北見市
9月29日㈰ 旭川市   

■学校見学ツアー
・授業見学ツアー
8月20日㈫〜23日㈮
・部活動見学・体験会
8月24日㈯
・個別相談会
9月7日㈯・21日㈯、10月19日㈯・11月2日㈯、16日㈯、30日㈯・12月7日㈯
・放課後見学ツアー  随時

学校見学会
9月22日㈰ 9時〜12時
13時30分〜16時30分
10月12日㈯ 9時〜12
13時30分〜16時30分

授業公開
10月19日㈯

※各説明会・学校見学等の申し込み・詳細についてはHPで確認を