【2018年12月号掲載】

【住所】札幌市白石区本通6丁目北1‐1
【TEL】 011‐864‐4656
【URL】http://www.ohashi-eye.jp/

白内障手術1万5千例以上の実績、乱視矯正も同時に可能な「多焦点眼内レンズ」

大橋勉理事長・院長

▲大橋勉理事長・院長

大橋院長は白内障手術において1万5千例を超える実績をもつ専門医。白内障手術は、超音波水晶体乳化吸引術を実施している。これは、眼球を切開し、濁った水晶体を超音波で砕いて取り除いた上で、眼内レンズを挿入。手術中はもちろん、術後の疼痛もない。

従来眼内レンズは1つの距離に焦点を合わせた単焦点眼内レンズが使われていたが、最近は遠・近距離の複数に焦点が合う多焦点眼内レンズを挿入する例も増えつつある。

同院は多焦点眼内レンズを用いた白内障手術の先進医療施設の承認を受けており、さらに乱視と多焦点が一体となった「トーリック(乱視矯正用)多焦点眼内レンズ」にも対応。また、道内で最初にイメージガイドシステムを導入し、乱視矯正の精度を高めている。

外観

▲大橋眼科

また加齢性黄斑変性では、薬剤を眼内に注入し新生血管の増殖を抑える「ルセンティス、アイリーア硝子体注入」などの治療を実施。網膜硝子体手術や眼瞼下垂の手術については本州からエキスパートを招聘、手術を実施している。