【2019年6月号掲載】

【住所】札幌市厚別区もみじ台北7丁目1番2号
【TEL】 011-897-2012
【URL】http://hokuno.co.jp/

全国から高い評価と関心「地域」と「健康」を結び付ける先進的取り組み 〝健康ステーション〟

ホクノー野地秀一社長

▲野地秀一社長

札幌の地場スーパーとして、厚別区を中心に5店舗の食品スーパーを展開するホクノー。かねてから「地域密着」の姿勢を貫き、近年では高齢者人口の比重が高い商圏であることから、「配達の強化」や店舗内の「通路幅拡張」、健康に配慮した定食を提供する「健やか食堂」の開設など、地域住民が必要とするニッチな部分に対応し、顧客満足度の高いサービスを提供。地域に根ざした先進的な戦略を積極的に展開している。

また、数ある取り組みの中でも極めて高い支持を獲得しているのが、旗艦店である中央店内の〝健康ステーション〟だ。

食や健康をテーマとしたさまざまな講座や体操教室、保健師による健康診断などの開催に加え、将棋や麻雀、コミュニティールームを設置することで、認知症対策も行っている。

〝健康づくり、居場所づくり、役割づくり〟を支援する新たな互助の仕組みが構築されているわけだが、こうした独自の取り組みが高く評価され、全国の自治体関係者が出席する講演会などからの引き合いも多い。

「地域住民の〝健康寿命〟を一層延ばすためにも、引き続き課題と向き合いながら事業を拡大させていきたい」(野地社長)

地域と健康を結び付ける存在として、今後の取り組みにも注目が集まる。

ホクノー中央店

▲もみじ台ショッピングセンター・ホクノー中央店