【2019年7月号掲載】

【住所】札幌市東区東苗穂3条1丁目2‐18
【TEL】 011-784‐1121
【URL】https://www.houseikai.or.jp/hospital/

疾病予防・介護予防を統合的に提供し 地域に根ざした豊かな医療と福祉を実現

東苗穂病院

▲東苗穂病院

医療と保健、介護と福祉の継続したサービスと、疾病予防・介護予防を統合的に提供する豊生会東苗穂病院。医療機関との緊密な連携や、病気が癒えた後も住み慣れた地域で暮らし続けられるためのリハビリと在宅医療、それらを支える介護面のニーズにも幅広く対応しており、豊生会開設以来の理念「地域に根ざした豊かな医療と福祉の創造」を実現している。

また、同院は入院初期から在宅復帰を見据え、身体面の機能低下のみならず日常生活の障がいを視野に入れたリハビリテーションを〝チーム医療〟によって提供、365日リハ、北海道初のロボットスーツHAL、歯科と連携した摂食・嚥下リハを実施している。

加えて、回復期リハビリ病棟、総合リハビリ施設を有し、併設の介護老健施設にセラピストを配置するなど、利用者の急性期から回復期、慢性(維持)期のリハビリにも積極的なほか、〝心からのあんしんの在宅医療〟を可能にするため「あんしん在宅医療ネットワーク」を構築。365日24時間、チーム全体で患者に寄り添っている。

昨今の取り組みでは、2017年に「夕張市民の健康と命を守る」をコンセプトに「夕張市立診療所・介護老人保健施設夕張」の指定管理者となったほか、今年4月には札幌市東区の「伏古レディースクリニック」を医療承継。住民が住み慣れた地域で安心して暮らせるための支援に加え、今後は「豊生会伏古レディースクリニック」を軸に、女性のトータルヘルスケアにも注力していく。