【2019年11月号掲載】

つしま医療福祉グループ
医療法人社団光進会札幌月寒病院
看護小規模多機能型居宅介護
「ごきげん」新さっぽろ

【住所】札幌市厚別区上野幌1条1丁目2‐28
【TEL】 011-375-1355
【URL】http://tsushima-group.com(つしま医療福祉グループ)

【看護小規模多機能型居宅介護】「看護」「通い」「泊まり」「訪問」サービスで安心・便利な「ごきげん」新さっぽろ

▲「ごきげん」新さっぽろ


▲快適な「リビング」


▲「泊まり」の居室(9部屋)を用意

今年5月にオープンした「ごきげん」新さっぽろは、つしま医療福祉グループの札幌初の看護小規模多機能型居宅介護事業所で、「看護」、「通い」、「泊まり」、「訪問」のサービスを提供する。

その大きな特徴だが、利用者は看護師による点滴や胃ろう、人工肛門、インスリン注射、膀胱留置カテーテル(排尿)、在宅酸素などの医療処置を受けられる。

朝は看護師が血圧や体温の測定、インスリン注射、胃ろうなどを行い、午前中は入浴(リフト浴)や体操のプログラムがある。午後は看護師や介護士が付き添いレクリエーションを実施。

食事は、嚥下障害の方にも対応したペースト食やゼリー食を提供。

スタッフは、看護師、介護福祉士、ケアマネジャーで、24時間365日対応。利用者や家族対象の泊まりも可能(全9部屋)で、発熱や嘔吐、排泄トラブルなどの場合には、自宅に看護師や介護士が駆け付ける。

また認知症介護管理者研修を修了した管理者が常勤、認知症の利用者にも対応できるのも特徴だ。

「数少ない医療サービスが受けられる介護施設なので、相談を」と総合管理者の須藤健司さん。