【2020年10月号掲載】

【住所】小樽市真栄1丁目6番1号
【TEL】 0134-31‐5566
【URL】http://www.otarukounan.com

脳血管障害の予防から予後まで総合診療 身体的・経済的負担軽減で早期復帰支援

末武 敬司理事長・院長

▲末武 敬司
理事長・院長

脳梗塞や脳出血の予防から急性期治療、リハビリテーション、退院後の在宅医療まで行う入院可能な有床クリニック(19床)。現在、診断と治療に熟達した日本脳神経外科学会の認定専門医3名が在籍し、円滑に診療ができる体制を整えている。

同院は、高齢者が多い小樽市の特性を理解、地域の要望に応えることで、市内だけでなく西後志圏の地域医療にも大きく貢献してきた。

診療所では珍しい規模のリハビリPT(7名)、OT(8名)、ST(3名)と、専門スタッフも充実。訪問診療・訪問リハビリテーションといった在宅医療にも力を注いでいる。

おたる港南クリニック

「脳血管障害は迅速かつ適切な治療開始が予後の決め手となります。そのリスクファクターである高血圧や高脂血症、糖尿病といった生活習慣病の管理はもちろん、発症後の早期かつ集中的なリハビリテーションを行うことで、治療効果に差が出ます」と末武敬司理事長。

また『当院からご自宅へ』をモットーに、可能なかぎり在宅への道筋をつけることにも注力。「患者様の身体的・経済的な負担を軽減し、早期家庭復帰や社会復帰を全面的に支援していきたい」(末武理事長)

末武 敬司理事長・院長(すえたけ けいじ)
札幌医大卒。同大大学院修。同大助手(93年)、米国ジョージア医科大学留学(99年)等を経て04年10月同院院長、07年4月理事長に就任。日本脳神経外科学会認定専門医。医学博士。