【2018年10月号掲載】

【住所】札幌市西区西町北5丁目1‐5
【TEL】 011-661‐0550
【URL】http://www.nakata-uro.com

即日手術可能な尿路結石破砕レーザー装置や負担の少ない「グリーンライトレーザー療法」

中田 康信理事長・院長

▲中田 康信理事長・院長

札幌市西区で唯一の泌尿器科専門病院。入院設備も充実しており、病床数は28床。

尿路結石や膀胱炎、前立腺がん、前立腺肥大症、尿路感染症など、さまざまな泌尿器疾患に対応、年間の手術件数は900件を超える。

16列マルチスライスCTをはじめ、体外衝撃波腎尿管結石破砕装置「ESWL」や尿路結石破砕レーザー装置など最新の治療装置や設備を完備。

ESWLによる尿路結石治療では年間200人以上を治療。この装置はおよそ7割の患者が1回の治療で砕石できるのが特徴だ。

一方の尿路結石破砕レーザー装置による治療は、年間120人を治療し、即日手術が可能で入院も1泊で済む。

2015年には札幌で第1号となる「グリーンライトレーザー療法」(前立腺蒸散術「PVP」)の装置を導入。従来の治療法に比べ出血が少なく、入院期間も約半分に短縮することができる。

「出血も少なく2〜3日の入院で済むので、患者さんに大変喜ばれています。また麻酔科の医師が常勤し、全身麻酔により心筋梗塞や脳梗塞などを合併している患者さんにも対応できます」と中田院長。

院内薬局なので待ち時間が短いのも好評だ。

中田 康信理事長・院長(なかた やすのぶ)
北海道大学医学部卒。市立札幌病院、旭川医大泌尿器科創設スタッフなどを経て、1986年に開院。日本泌尿器科学会専門医・指導医。