【2020年4月号掲載】

【住所】札幌市北区新川714番地2
【TEL】 011-762‐4111
【URL】http://www.ishikane-hospital.or.jp

運動療法による肥満対策や専門外来で「睡眠障害」治療

石金 朋人院長

▲石金 朋人院長

うつ病、不安障害、統合失調症など幅広い精神疾患やこころの悩みに対応。石金朋人院長の専門は「精神薬理学」でうつ病や統合失調症の薬物療法の経験が豊富だ。

糖尿病に罹患すると、うつの発症率が上がると言われ、石金病院では運動療法を積極的に取り入れ、週5日2時間程度、作業療法士がエアロバイクとストレッチを組み合わせた運動を行う。「軽度のうつには運動療法が効果的で糖尿病発症リスクである肥満対策にもなる」と石金院長。そのほか、フットサルのリハビリ的活用も実施。

同院では2005年から香坂雅子医師がナルコレプシーや睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群、睡眠覚醒リズム障害、レム睡眠行動障害などの睡眠障害の診療にあたっている。香坂医師は道内で珍しい日本睡眠学会睡眠医療認定医の資格をもつ。

▲睡眠外来の検査スタッフ

07年には、睡眠ポリグラフ検査(PSG検査)などに対応した睡眠脳波室や睡眠解析室を整備、09年4月には札幌で数少ない「睡眠外来」を開設した。

「仕事や授業中に突然寝込むとか、夜間睡眠中の痙攣や異常な行動、昼夜逆転の生活など睡眠関連疾患について悩んでいる方は一度相談を」(石金院長)

石金 朋人院長(いしかね ともひと)
北大医学部卒。同大精神医学講座入局後、市立旭川病院精神神経科、国立国際医療センター精神神経科等を経て、1999年4月から石金病院に勤務。2005年10月、院長に就任。医学博士。日本精神神経学会専門医等。