【2019年10月号掲載】

【住所】札幌市東区北41条東1丁目1‐25
【TEL】 011-711‐1720
【URL】http://www.hokkaido-hinyoukika.or.jp

北大系初の泌尿器科専門病院として各分野の専門医があらゆる疾患に対応

飴田 要院長

▲飴田 要院長

1987年に開設された北大系初の泌尿器科の専門病院。2015年8月に新築移転。がん認定医や排尿障害、尿失禁、尿路結石など各分野の専門医が常勤し、泌尿器科のあらゆる疾患に対応できる。

手術件数は通算3万件を超え、特に尿路結石は全国有数の治療実績で体外衝撃波治療(通算9000件)をはじめ、経皮的腎砕石術(PNL)や経尿道的レーザー砕石など数多く手がけている。尿路結石の治療は、レーザー治療のほかに、最新の治療装置による体外衝撃波治療も実施、低侵襲な日帰り治療として好評だ。

前立腺がんや腎・尿路系のがん治療も多く手がけ、とりわけ膀胱がんの内視鏡手術は年間200件に及ぶ。

飴田要院長は排尿障害・尿失禁のエキスパートとして知られ、また難病の間質性膀胱炎の数少ない専門医でもある。女性の腹圧性尿失禁の低侵襲手術は通算200件を超え、成績も非常に良好で昨年7月に学会で発表された。これは特殊なテープで尿道を支え、尿漏れを防ぐ低侵襲手術で創口が小さく、手術時間も短い(30分程度)。

また人工透析センター(44床)を併設、快適な環境で最新の「オンラインHDF」が受けられる。

飴田 要院長(あめだ かなめ)
北海道大学医学部卒。同大泌尿器科学教室入局後、同大に勤務(1992年4月〜2002年3月)。その間米国ハーバード大学泌尿器科に留学(97〜98年)。02年4月に北海道泌尿器科記念病院に勤務(医長)。12年1月に副院長、15年8月に院長に就任。日本泌尿器科学会専門医・指導医等。医学博士。