【2019年10月号掲載】

【住所】札幌市厚別区大谷地東5丁目7番10号
【TEL】 011-891-3737
【URL】http://www.ohyachi-hp.or.jp

「TetoTe」開設やデイケアで就労支援

▲田尾大樹理事長・院長

同院は、精神障がいを持つ方の就労の場の提供や就労につなげるための取り組みに力を入れている。

近隣にある就労継続支援B型事業所を拡張し、今年4月にお惣菜とパンの店「TetoTe(てとて)」をオープンした。厨房やパン工房などを設置、現在15人が就労し、調理やパン・菓子づくり、店舗販売を行っている。今後、増員する予定だ。2階にはカフェもある。

一方、デイケアでは就労につなげるための認知機能のトレーニングを行う。統合失調症や双極性障害などの患者を対象に、医師や看護師、作業療法士、精神保健福祉士、臨床心理士、認知矯正療法士、ケースワーカー、介護助手などが仕事のスキル(作業効率)を上げるリハビリトレーニングを実施。

具体的には①「パソコンセッション」で、仕事の基本となる指示の理解と遂行ができるようにパソコンを使って記憶力や注意力、集中力などの認知機能を高める。次に②「言語セッション」で、社会認知力を高め、対人関係のトレーニング(SCIT)を行う。

これらのリハビリは週に2回、6ヵ月間実施。そのほか、軽度認知症の方を対象に、認知症予防のプログラムも実施している。

「患者さんの生きがいの創出や生活の質(QOL)向上を図りたい」と田尾理事長。