【2018年5月号掲載】

【住所】旭川市8条通6丁目左10号
【TEL】 0166-22-4151
【URL】http://www.moriyama.or.jp/

旭川駅前・北彩都地区に新病院「旭川ウェルネスセンター」が9月着工

旭川ウェルネスセンター

▲「旭川ウェルネスセンター」

森山領理事長

▲森山領理事長

昨年65周年を迎えた森山病院は、創始者の故・森山元一氏が1952年2月に、旭川市内に森山整形外科を開業。道内で初めて整形外科を標榜した病院として知られる。

同病院は、旭川駅前の北彩都地区に新病院を建設する。医療施設を中心とした「旭川ウェルネスセンター」で、北彩都地区のシンボル施設となる。

前出の元一氏の開業の理念である「健康・医療・福祉」の理念を引き継ぎ、「食と運動による予防医学」がコンセプト。新病院には予防医療センターや在宅医療センターを設置。予防医療に加え、健康の源である地元産の食材を使ったレストランやカフェ、スポーツクラブができる予定で、さらにホテルも隣接し、市民の憩いの場になるほか、メディカルツーリズムの拠点としても期待される。

また森山領理事長が務めるFMりべーるのサテライトスタジオなども設ける。さらにガラス張りのアーケード(長さ約150メートル、幅約15メートル)も設置される計画だ。

総事業費は40~50億円で、今年9月に着工、2020年5月の完成を予定している。
森山理事長は「65年の伝統を踏まえ、父の遺志を引き継ぎ、新病院実現に邁進し、地域医療と福祉の発展を手伝いたい。旭川のシンボルゾーンに予防医学の殿堂をつくり、『健康のマチ・旭川』の創出に寄与したい」という。