【2020年10月号掲載】

【住所】札幌市中央区北3条西1丁目2番地
【TEL】 011-212-8227
【URL】https://www.awi.co.jp

電力小売り事業に本格参入 災害対応型コインランドリー出店

北海道エア・ウォーター㈱は、今年7月から道内で「エア・ウォーターでんき」のサービスを開始し、電力小売り事業に本格参入した。

同社は、2018年10月から北海道電力と電力販売に関する業務提携を行い、「エア・ウォーターでんきpowerd byほくでん」として販売する電力取次事業を展開してきた。この度、さらなる事業拡大を目指し、自社で新たな電力料金メニューを設定、「エア・ウォーターでんき」のサービス提供を開始した。

具体的には、ライフスタイルに合わせて選択できる2種類のメニューを設定。

①「まるごとGood!割」は、「基本料金」と「電力量料金単価」がいつでも「3%」割引になる。曜日や時間帯にかかわらず平均的に電気を使用する世帯におすすめだ。

②「いるときGood!割」は、「電力量料金単価」が平日夜間(午後5時〜翌朝9時)は「5%」割引、土日祝日は終日「4%」割引になる。共働き世帯や単身世帯など、平日の日中に不在がちの世帯におすすめ。

このように一般的な電力料金よりも3〜5%程度割安になるほか、LPガスや灯油をセットで契約すると、ガス・灯油の利用金額に応じて電子マネー「WAONポイント」が付与され、さらにお得になる。

▲災害対応型
「ブルースカイランドリー苫小牧店」

北海道エア・ウォーターは「電力・都市ガスの小売り自由化で、お客様が自由に選択できる時代になった。当社は暮らしの中のすべてのエネルギーを支える
『総合エネルギーサービス企業』を目指し、これからも各種サービスの拡充に取り組んでいきたい」としている。

一方、同社は全国でコインランドリーを展開する㈱ジーアイビー(本社・名古屋市)とフランチャイズ契約を締結し、コインランドリー事業に新規参入した。7月29日には道内第1号店となる、LPガスの非常用発電機を備えた災害対応型の「ブルースカイランドリー苫小牧店」(苫小牧市ときわ町5丁目)をオープン。

店舗にはLPガスを貯蔵するタンクを併設し、LPガスを燃料とする発電機や炊き出しセットも常備。長期停電時でも照明や給湯、冷暖房の電力供給を3日間まかなえ、テレビも使用できる。災害時には、洗濯機や乾燥機、スニーカーランドリーの計17台のうち数台を避難者専用にし、無償で洗濯できる。

今後は同様の災害対応型コインランドリーを全道に出店していく計画だ。