道民雑誌「クォリティ」は、政治・経済をはじめ、北海道のすべてがわかる総合月刊誌です。
症例別 〜この病気にこのドクター〜

消化器科編

斗南病院

住吉 徹哉消化器内科科長

【2018年7月号掲載】
住吉徹哉医師は、これまで早期の食道がん、胃がん、大腸がんなどに対して、従来の方法で切除が困難であった大きな病変などに対しても切除可能な内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を早くから導入し、実施してきた。

医療法人社団 幸田内科消化器クリニック

幸田 弘信院長

【2018年7月号掲載】
逆流性食道炎とは、胸やけや呑酸などの症状をともなう胃酸とペプシンの食道内逆流による炎症性疾患で近年増加傾向にある。

医療法人社団 ちかま胃腸科・内科クリニック

近間 敏治院長

【2018年7月号掲載】
近間敏治院長の治療モットーは「患者にとって負担が少なく、親切な診療」。

医療法人社団水色の木もれ陽 肝臓クリニック札幌

川西 輝明理事長・院長

【2018年7月号掲載】
川西輝明院長の専門は肝臓病で、当時全国初の専門病院として知られた稲積公園病院の設立に携わり、その後札幌緑愛病院肝臓センター長などを経て、昨年5月に開業した。

医療法人社団結仁会 浜田内科・消化器科クリニック

浜田 結城理事長・院長

【2018年7月号掲載】
糖尿病は様々な合併症を発症するが、その死亡原因の第1位は肝臓病。

斗南前よしざき内科 消化器内科クリニック

由崎 直人院長

【2018年7月号掲載】
斗南病院の近くに昨年7月に開業した由崎直人院長は、斗南病院で16年余り消化器内科医師として診療してきた。

CT・消化器内視鏡検査センター やまうち内科クリニック

山内 雅夫院長

【2018年7月号掲載】
山内雅夫院長は消化器疾患の専門医として、胃がんや大腸がんの早期発見に力を注いでいる。

医療法人渓和会 江別病院

品田 恵佐理事長

【2018年7月号掲載】
渓和会江別病院の消化器内科では消化管(食道・胃・小腸・大腸)や肝胆膵の専門診断と治療を行う。

医療法人社団元生会 森山病院

菊地 陽子内科部長

【2018年7月号掲載】
菊地陽子内科部長は、胃がんや大腸がん、胃潰瘍、過敏性腸症候群など消化管疾患の診療が専門。

独立行政法人 国立病院機構 函館病院 NHO函館消化器病センター NHO函館がん予防センター

間部 克裕センター長

【2018年7月号掲載】
「予防を病院だけで行うのではなく、企業や団体、学校に出向いて発信し、早期に内視鏡で発見し早期に治療しています」

症例別カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 月刊クォリティ All Rights Reserved.
このページに掲載された内容の著作権は、株式会社太陽に帰属します。 無断での複製・掲載・転載・放送等を禁じます。

※コンピューターの漢字表示制限により、一部の漢字をひらがな等で表記している場合があります。