北海道立近代美術館で「ヨーロッパの版画」展を開催中

北海道立近代美術館は、2022年4月3日まで「ヨーロッパの版画」展を開催している。

第4回目となる今回は、同館がこれまでに収集してきた約500年間にわたるヨーロッパ版画の精華を前後期に分けて展示。前期は2022年1月23日、後期は同年4月3日まで開催する。

展示の作品は、16世紀初頭のデューラーから19世紀末のムンクまで、後期ではパスキン、ルオー、ピカソ、シャガール、クラーヴェら20世紀を代表する作家らの優品。

また、幾何学パターンと色彩の組み合わせで生み出される動きや光が感じられる、錯視の効果を利用した抽象絵画「オプ・アート」も同時開催している。

観覧料は、一般510円(420円)、高大生250円(170円)。カッコ内は団体割引料金。

 

●問い合わせは
北海道立近代美術館
TEL 011-644-6882