リボンナポリンゼリー

▲「リボンナポリン」の味がゼリーで楽しめる。北海道土産としてもおすすめ

道産子であれば誰でも飲んだことはあるだろう炭酸飲料「リボンシトロン」と「リボンナポリン」。「シトロン」が1909年、「ナポリン」は1911年と、いずれも誕生から110年以上。世代を超えて愛される、北海道に馴染み深い炭酸飲料である。(ポッカサッポロフード&ビバレッジ(本社・愛知県名古屋市)が北海道限定で販売)

今回、「リボンナポリン」が、国分北海道(札幌市中央区)から同飲料の味わいをイメージしたひとくちサイズのゼリーとなって登場。4月5日から好評販売中だ。

「リボンナポリン」は、今年発売110周年のアニバーサリーイヤー。国分北海道は、2017年にも同飲料の味わいをイメージした「リボンナポリンもち」を発売しており、今回はそれに次ぐ第2弾の商品。

ぷるっぷるの食感と甘さの中に広がる爽やかな味わい。オレンジ色は植物由来のやさしい色である。子どもから大人まで楽しめ、「ナポリン」好きにはたまらない。1袋7個入りで、希望小売価格は道内216円、道外270円(いずれも税込)。お土産にもおすすめだ。

主な販売先は、量販店、ドラッグストア、観光地売店、コンビニエンスストアなど。道外では北海道フェアなどのイベント会場で販売予定。

●商品・販売に関する問い合わせ
 国分北海道㈱ 地域共創部 商品共創課
 TEL. 011-350-6309