冬の定山渓神社を舞台に、幻想的な空間を演出する「雪灯路(ゆきとうろ)」。

2011年からスタートしたこのイベントが、今年も2月5日(金)から11日(木祝)まで開催される。スノーキャンドルの柔らかな灯は、この時期ならではの雪の芸術ともいえるだろう。
時間は18:00~21:00、入場無料。

定山渓神社の会場は、境内(スノーキャンドルが敷き詰められたメイン会場)・参道(鳥居をくぐるとイルミネーションで彩られた参道がお出迎え)のエリアに加え、11年目となる今年は新エリア「祈りの森」が登場。プロジェクションマッピングとイルミネーションが織りなす神秘の森。これもまた幻想的な光景だ。コロナの収束を願いながら、優しいイルミネーションとキャンドルの光に癒されてみてはいかがだろうか。

なお、新型コロナウイルス感染防止対策のため、会場内はマスク・手袋着用を義務とし、入口で検温を実施。飲食出店など、人同士の接触を伴う内容は中止となっている。

同イベントでは、2月5日(金)から19日(金)まで「雪灯路2021 動画&フォトコンテスト」も開催中。
詳細は定山渓観光協会HPにて。

※問い合わせは
定山渓観光協会
TEL 011‐598‐2012
http://jozankei.jp/yukitouro/50