マリトッツォ

▲「マリトッツォ 洋梨」はブリオッシュ(菓子パン)の生地も道産小麦を使っている

札幌グランドホテル(札幌市中央区)では、9月8日から「マリトッツォ 洋梨」の販売をスタートし、注目を集めている。

「マリトッツォ」は、イタリア・ローマの伝統的なお菓子で、日本でも大人気のスイーツ。シンプルなパンにたっぷりの生クリームが見た目にも“映え”て、スイーツ好きにはたまらないが、同ホテルでも今年3月から北海道食材を使ってアレンジしたマリトッツォが人気となっており、これまでに累計2万個以上を売り上げたという。

「マリトッツォ 洋梨」は、昨年本社機能を東京から北海道のニセコ町に移転した「世界のお茶専門店 ルピシア」の茶葉「イングリッシュキャラメル」を使用。ゆっくりと浸出されたキャラメルフレーバーの紅茶から、香ばしさとほろ苦さをうつした北海道産の生クリームでバニラとシナモンでコンポートした洋梨を包み込んだ、甘さ控えめで大人な味わいの秋スイーツだ。

同ホテル東館1階「ザ・ベーカリー&ぺイストリー」で販売中。価格は700円(税込・テイクアウト価格)。なお、営業時間は10:30~19:00となっている。

  • 問い合わせ
    TEL. 0120-193-400
    (札幌グランドホテル「ザ・ベーカリー&ぺイストリー」 )