似鳥 昭雄氏/ニトリホールディングス 会長兼CEO

似鳥 昭雄氏

新たなチャレンジが相次ぎスタート
コロナ後見据え経済活性化にも意欲

似鳥 昭雄氏

札幌商工会議所 特別顧問
㈱ニトリホールディングス 代表取締役会長兼CEO

 コロナ禍でも力強く新事業に取り組み、3月にニトリグループ発の外食事業「ニトリダイニングみんなのグリル」をオープン。現在5店舗展開しているこちらも「お、ねだん以上。」のコスパで支持を得ている。傘下に収めた島忠の効果も顕著だ。6月に初の融合型店舗「ニトリホームズ宮原店」(埼玉県)を出店したほか、島忠店舗へ自社商品を展開し、島忠のPB開発にも着手している。
 アプリ会員数は11月12日段階で1212万人となり、22年2月期には1300万人を目指す。店舗数は同期見込みで822(うち海外93)。似鳥昭雄会長は「北海道経済は持ち直しに向かうはず。引き続き活性化に尽力したい。22年は是非、すすきのサンバカーニバルと有観客でニトリレディスを開催できれば」と意気込む。

〈にとり あきお〉
1944年3月5日生まれ、申年。札幌市出身、77歳。北海学園大経済学部卒。67年似鳥家具店を創業。72年似鳥家具卸センター㈱を設立。2002年10月東証1部上場。積極的な社会貢献事業が評価され、05年に藍綬褒章を受章。10年札幌商工会議所副会頭。19年から特別顧問。