関 寛氏/中道リース 社長

関  寛氏

念願の秋田支店開設で関東以北完全網羅
創立50周年も「今まで通り」

関 寛氏

中道リース㈱ 社長

 年初から続く好調の波は第2クォーターでも衰えることなく、第3クォーターでは事業の中核を担うスペースシステム事業部の大型案件が動き出し、21年の躍進を決定づけた。念願の秋田支店を開設させたことで拠点は関東以北を完全網羅。今後は〝その先〟の展開に期待がかかるが「積極的に踏み込むのではなく、〝滲み出ていく〟のが理想」と変わらない冷静なスタンスで舵をとる方針だ。
 19年に掲げた4ヵ年中期経営計画の最終年となる22年も「無理はしない」とする一方、4月には遂に創立から半世紀となる大きな節目を迎える。社内のリニューアルは実施されたが、事業では「『50周年だから』取り組むというようなことはしない」としたうえで、「今まで通り。目の前の状況に対して冷静に判断し、行動に移すだけ」と自然体を貫く。

〈せき ひろし〉
1946年11月4日生まれ、戌年。札幌市出身、75歳。帯広三条高校、北海学園大学法学部卒。94年社長就任。99年リース事業協会北海道地区連合会会長。