本見 研介氏/エムリンクホールディングス 社長

本見 研介氏

子どもから高齢者、障がい者まで
日本の福祉課題に真摯に取り組む

本見 研介氏

㈱エムリンクホールディングス 社長

 北見市を拠点に、オホーツク管内や道央圏で、「夢ふうせん」ブランドの保育所、高齢者施設、障がい者就労支援事業所などを運営、SDGsの目標「すべての人に健康と福祉を」等を実践する。
 小規模保育所を例にとると、江別市東光と札幌市伏見の2ヵ所は高齢者施設を併設している。緊急事態等の連携を考慮しているためだ。「3歳未満のお子さんを持つお母さん、お父さんも安心して働けるよう安全を最重視。家庭的な雰囲気の中、一人ひとりのお子様の成長に合わせた保育を心がけています」と言う。
 小規模多機能型の高齢者施設の運営で実績を重ね、新分野へも挑戦する。富裕層向けの在宅サービス「プラチナシニアサロンARIANE宮の森」を21年12月中に開設し、入会金300万円と比較的高額ながらも、すでに複数の待機者がいる。

〈もとみ けんすけ〉
1962年5月15日生まれ、寅年。札幌市出身、59歳。札幌西高、東京福祉大心理学部卒。社会福祉士、認定心理士、保育士。法人後見センター、温泉宿泊施設なども運営。現在、厚生労働省医政局の在宅医療・介護連携ワーキンググループの構成員として新たな在宅での医療介護のあり方について検討中。