▲池脇竜太所長(左)と為広章副所長

創業50周年を契機に新体制
逆境下での経営支援体制を強化


池脇 竜太氏
アイタックグループ 代表社員所長

 

為広 章氏
アイタックグループ 代表社員副所長

創業50周年の20年4月、創業者の池脇昭二氏が会長に、池脇竜太氏が所長に、為広章氏が副所長に就任した。併せて現場の中堅管理職に一定の権限と責任を持たせる体制に再編した。「新体制で次の時代を担うべき新しい幹部候補が育っている」と為広氏。

現在顧問先の数は1100。20年は、コロナ禍に関する相談が増え、ビジネスモデルの再構築やM&A、事業の多角化支援などに力を注いだ。50年間の恩返しとして各種セミナー開催を予定していたが、コロナ禍で見送りに。代わりに動画セミナーの作成・配信を始めている。

また中小企業が不況を乗り切るため経営管理のIT化支援も視野に入れている。
「厳しい状況だからこそ、これまで以上に顧問先の皆様の満足度を高めていきたい」(池脇氏)

〈いけわき りゅうた〉
1978年10月25日生まれ、午年。札幌市出身、42歳。北嶺中高、一橋大学商学部卒。新日本有限責任監査法人等を経て、池脇会計事務所に入社。2020年4月、代表社員所長に就任。
〈ためひろ あきら〉
1969年1月20日生まれ、酉年。網走市出身、51歳。網走南ヶ丘高、高崎経済大学経済学部卒。大学を卒業して池脇会計事務所に入社。2020年4月、代表社員副所長に就任。