佐藤 嘉高氏/弘照院ばらと霊園 代表役員 住職

佐藤 嘉高氏
左から佐藤昂紀副住職、佐藤嘉高代表役員、佐藤宗紀本部長

道内初・国内初の宗教施設を建立
次代を担う法嗣2人が祈りの文化を発信

佐藤 嘉高氏

弘照院ばらと霊園 代表役員 住職

 抜群の経営内容と安定性を誇る「ばらと霊園」。境内3万坪と墓所10万坪の敷地を有し、平坦な敷地の面積は全国最大だ。
 敷地には、3万基を超える墓石のほか、永代供養付樹木墓地「八十八ヶ所桜葬」や納骨堂、永代供養墓「御廟」、ペット永代供養墓「心華」があり、あらゆる要望に対応することができる。
 園内には、国内最大級の羅漢堂「鳳凰五百羅漢堂」や千人規模の葬儀法要ができる「総本殿三十三間堂」、国内初の宗教庭園「北海道八十八ヶ所総霊場」など多くの宗教施設が完備され、使用者の聖地を守ると共に参詣する人々の多幸と安寧が計られている。
「次代の仏教界を担う若き法嗣2人とこれからも道内初、国内初の宗教施設を建立していき、幸せ文化、祈りの文化を発信していきたい」

〈さとう かこう〉
1957年3月30日生まれ、酉年。滝川市出身、64歳。滝川高理数科、中央大法学部卒。2003年全国国立大学附属学校PTA連合会理事、07年文部科学大臣賞受賞、14年附属札幌小中学校PTAOB会(ふじの輪会)会長。