青山 央明氏/青山 社長

青山 央明氏

〝持続可能な介護〟実現に向け
ICTを活用した 「働き方改革」推進

青山 央明氏

㈱青山 社長

 新型コロナの感染拡大を受け、21年はその対応を行いながら感染予防に努めてきた。
「巷間での自粛ムードもあって、経営的には厳しい1年になったが、ワクチンの接種率が上がったこともあり、後半は利用者様からの利用が増えた」と振り返る。
 道が働き方改革と介護人材確保のために推進するICT化促進事業「介護事業生産性向上推進モデル」に20年9月に選定され、「より一層、ICTを活用した働き方改革を推進していきたい」という。
 また利用者と働くスタッフ双方にとって〝持続可能な介護〟の実現に向けた取り組みも続けていく方針。
「職場環境の整備や報酬の向上をはじめとした待遇の改善を目指し、職員と一緒になってこの業界を盛り上げていけるよう、努めていきたい」

〈あおやま ひろあき〉
1980年生まれ、申年。北見市出身、41歳。医療科学専門学校卒。東北福祉大学卒。言語聴覚士として病院勤務を経て、2006年㈱青山を設立し、デイサービスセンター「希望のつぼみ」開設。その後、旭川・札幌を中心に道内で展開中。全国介護事業者連盟北海道支部幹事、自民党道連青年局幹事。