田中 紀雄氏/㈱3eee 社長

田中 紀雄氏

感染症・災害に備えたBCP対策強化
新たなAIシステムを構築し新展開へ

田中 紀雄氏

㈱3eee 社長

 「カラダラボ」を皮切りに、介護・障がい福祉事業の業態を次々に開発し、現在は全国に180拠点以上を展開。事業を通じて、少子高齢化、空き家問題など日本が抱える社会的課題の解決を目指す。
 感染症や自然災害が発生した場合でも、利用者に必要なサービスが安定的・継続的に提供されるために必要なBCP(事業継続計画)対策の策定が近年大きく求められる中、21年3月に同社の事業継続力強化計画が経産省に認定された。「高齢者や障がい児・者の自立支援のために、私たちがサービスを継続的にしっかり提供できるように対策強化を図ります」
 これまで培ってきたノウハウを集約したAIシステムの構築も進展。難しいとされるFC本部の構築をAIが担うFC事業のリカーリングビジネスも視野に入れ、より多角的な事業展開を推進する。

〈たなか のりお〉
1974年7月20日生まれ、寅年。岩見沢市出身、47歳。札幌学院大経済学部卒。2015年「EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤージャパン」特別賞受賞、16年日本デイサービス協会理事、18年副理事長。一般社団法人全国介護事業者連盟北海道支部副支部長。