阿部 智哉氏

理事長として「走りに走った20年」
国内最大級の連携施設構想を描く


阿部 智哉氏
医療法人社団 向仁会 理事長
㈱サポートライフ 会長

 理事長に就任しておよそ20年。「走りに走ってきた」と振り返り、その結果、函館や小樽など全施設を合わせ約900床の高齢者居住系施設を運営するに至った。19年は人材育成など経営基盤の強化に力を注ぎ、「次の展開」に英気を養った。

 規模拡大はまだ続く。法人本部を置く桔梗の介護医療院「喜郷」「喜郷Ⅱ」の隣接地に、150床規模の複合施設の建設構想を描き、「60歳を目途に具体化させたい」と意気軒高。同一敷地で400床に近い国内最大級の在宅医療と在宅介護の連携施設の実現に向け、準備を進める。

「ヤンゴンに行ってきました」と特定技能の在留資格に係る制度を活用し、20年はミャンマーから介護人材15人を受け入れる。職員のキャリアアップ制度や研修制度も充実させ、ソフト面も一層、磨きをかける。

〈あべ ともや〉
1961年10月23日生まれ、丑年、58歳。北海学園大経済学部、日本福祉学院、日本福祉教育専門学校卒。民間企業、医療法人に勤務後、92年医療法人社団向仁会常務理事、2001年理事長、同年㈱サポートライフ社長から会長に就任。社会福祉士、精神保健福祉士。