野口秀夫

宿泊業の職業訓練校に手応えを実感
2019年4月「調理学科」新設


野口 秀夫氏
野口観光グループ 社長

2018年に開設した「新苫小牧プリンスホテル~和(なごみ)~」内に併設する職業訓練校「野口観光ホテルプロフェッショナル学院」。開講中の「総合ホテル学科」は、道内の宿泊関係者はもとより、鹿児島や熱海など道外からも視察者が増え、「旅館・ホテルにおける社会的認知度の高まりに寄与できた」という。観光業界の深刻な人手不足を打開する突破口として期待されている。

19年4月には「調理学科」(2年制1学年15名定員)を新設。現役で活躍する講師陣を迎え、和・洋・中を教え込む。

定山渓温泉「章月グランドホテル」を18年6月にM&Aで取得・運営、評判も上々だ。
「おもてなしの心で、20年の年商200億円の目標を達成したい」

〈のぐち ひでお〉
1948年3月19日生まれ、子年。登別市出身、70歳。早大商学部卒。71年登別プリンスホテル(87年野口観光に社名変更)入社。90年副社長、99年社長に就任。現在に至る。