似鳥 昭雄氏

増税の影響も跳ねのけ令和も快進撃
サンバカーニバルで北海道を元気に


似鳥 昭雄氏
札幌商工会議所 特別顧問
㈱ニトリホールディングス 会長兼CEO

 増税後の北海道経済について、「64年五輪のときと同じく、オリンピックイヤーに減速は始まる」と厳しい見方を示すが、ニトリ自身は駆け込み需要の反動も限定的で、33期連続増収増益が見込まれるなど令和になっても勢いは止まらない。

20年はベトナムのバリア・ブンタウのカーテン工場が稼働予定で、「これが一番の楽しみ」と期待を寄せる。見直しを打ち出した中国での出店計画も、赤字店を閉鎖して新規店に切り替える「再編成」に過ぎず、中国市場への期待感と自信は揺らいでいない。

 本業以外では8月の「すすきのサンバカーニバル」初開催が話題に。自ら派手な衣装をまといイベントを盛り上げた。「次回は参加者を倍増し、知事、市長と3人で練り歩きたいね」とパワーアップを約束し、20年も北海道に元気を与える。

〈にとり あきお〉
1944年3月5日生まれ、申年。札幌市出身、74歳。北海学園大経済学部卒。67年似鳥家具店を創業。72年似鳥家具卸センター㈱を設立。2002年10月東証1部上場。積極的な社会貢献事業が評価され、05年に藍綬褒章を受章。10年札幌商工会議所副会頭。19年から特別顧問。