佐藤嘉高▲左から佐藤昂紀副住職、佐藤嘉高代表役員、佐藤宗紀本部長

千年続く信仰の聖地へ
次代を担う法嗣2人


佐藤 嘉高氏
弘照院ばらと霊園 代表役員 住職

境内地3万坪と墓所10万坪で平坦な敷地は全国最大だ。道内初の「八十八ヶ所桜葬」は桜の下で一人ひとりが眠ることができると大好評。

ばらと霊園のお墓は継承者がいなくても撤去されない。以後一切の管理費がかからず、何体でも納骨が可能で宗旨宗派も問わない。寺院直営の霊園だからできる安心の永代管理墓システムだ。

北海道胆振東部地震では墓石の被害が甚大だったが、ばらと霊園の墓石は倒壊やずれが一切なかった。地質地盤は砂地であることから水はけに優れ、重量に耐え、地震にもっとも強いからだ。墓地選びの重要なポイントとなる。

次世代の仏教界を担う若き2人を後継育成し、これからも北の大地に宗教文化の花を咲かせていく。

〈さとう かこう〉
1957年3月30日生まれ、酉年。滝川市出身、61歳。滝川高理数科、中央大法学部卒。2003年全国国立大学附属学校PTA連合会理事、07年文部科学大臣賞受賞、14年附属札幌小中学校PTAOB会(ふじの輪会)会長。