青山央明

〝リハビリ軍団〟「希望のつぼみ」グループ
働き方改革の推進に注力


青山 央明氏
㈱青山 社長

「希望のつぼみ」グループは言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、柔道整復師などリハビリの国家資格を有する〝リハビリ軍団〟である。スタッフはグループ総勢300名を超え、そのうちリハビリ職員はパートを含め50名超。

創業以来、介護保険の理念である『自立支援』を貫き、利用者が前向きに生活できるよう、メンタルを含めた全人的な介護に力を注いできた。

18年は江別市野幌にデイサービス「希望のつぼみ」がオープン。19年は道内で複数の施設開業を予定している。

胆振東部地震では、「希望のつぼみ札幌北」で炊き出しを実施。「現在進めているスタッフの働き方改革を進化させ、スタッフとともに介護業界を盛り上げたい」

〈あおやま ひろあき〉
1980年生まれ、申年。北見市出身、38歳。医療科学専門学校卒。東北福祉大学卒。言語聴覚士として病院勤務を経て、2006年㈱青山設立し、デイサービスセンター「希望のつぼみ」開設。その後、「希望のつぼみ札幌北」や「QOL向上センター希望のつぼみ真駒内」ほか、旭川・札幌を中心に道内で展開中。