豊平区中の島に21年8月、新病院移転
手術・透析・リハビリを充実


丸 晋太朗氏
医療法人仁楡会 仁楡会病院 理事長

札幌市南区澄川から豊平区中の島に移転新築し、新病院が21年8月に開業する。
新病院は地上5階建てで、旧病院のおよそ1・5倍の規模。患者の増加により手術室を増設し、人工透析も従来の44床から60床に増床する。系列の澄腎クリニック(透析50床)を含めると計110床になり、人工透析では道内屈指の病床数になる。

リハビリでは、新病院に100平方㍍超の広さのリハビリ室を設置。屋外テラスを併設し、理学療法士2名体制で、泌尿器科のがんや入院透析など長期入院の患者向けに機能維持を目指したリハビリを提供する。

「急性期治療に加え長期療養患者のADL向上にも努めたい。また地域の皆様から頼りにされる医療を移転後も引き続き提供していきたい」

〈まる しんたろう〉
1977年11月2日生まれ、巳年。札幌市出身、43歳。獨協医科大学医学部卒。北海道大学大学院医学研究科修。帯広厚生病院、市立札幌病院などを経て、2016年4月に医療法人仁楡会仁楡会病院の理事長に就任。日本泌尿器科学会専門医・指導医。日本泌尿器腹腔鏡技術認定医。医学博士。