永井真三

「神泡サーバー」550万個導入
〝業家連動〟戦略で消費拡大を


永井 真三氏
サントリー酒類㈱ 執行役員北海道支社 支社長

主力商品のひとつ、「ザ・プレミアム・モルツ」は口当たりのよいクリーミーな〝神泡〟を武器にシェア拡大を図る。業務店で体感し家庭でも楽しんでもらう〝業家連動〟戦略の一環として、18年は販促品「神泡サーバー」を全国で550万個導入、缶に取り付けるだけで家庭でも〝神泡〟が体験できると好評だ。

また飲食店や札幌・大通公園のオータムフェストなどでのハイボール普及キャンペーンが奏功、家庭用ハイボール缶「ジムビーム」も堅調な売れ行きだ。

「ビールの選択のキーワードに〝コク〟と〝キレ〟に加え、〝泡〟が登場するようになった。業家連動をさらに推し進めることで〝神泡〟を浸透させ、ハイボールの普及にも努めたい」

〈ながい しんぞう〉
1963年3月15日生まれ、卯年。神奈川県出身、55歳。早稲田大学教育学部卒。86年4月サントリー札幌支店入社。2011年サントリービア&スピリッツ広域営業本部企画部部長などを経て、18年4月サントリー酒類執行役員北海道支社長。