美山正広

逆境を糧に“企業理念”を追求
時流を読み解き「顧客を守る」


美山 正広氏
㈱正栄プロジェクト 社長
㈱レバンガ北海道  会長

18年9月6日未明に発生した北海道胆振東部地震では、直後にBリーグB1で活躍するレバンガ北海道の選手らと一緒に店頭で炊き出しなどを行い、被災者支援と一日も早い復旧を願った。
1989(平成元)年に遊技施設『イーグル1号店』が開業して30年。近年はIR法案の施行に伴い、依存症対策の実施強化や遊技機の規制強化等、業界への逆風が強まっている。「環境が厳しくなればなるほど〝企業理念〟と〝戦略〟が大切」とし、「〝何のために〟を見失ってはいけない」としたうえで、日遊協北海道支部長としてもさらに汗をかく構えだ。
レバンガ北海道が16年に引き続き、2期連続の黒字化を達成。
「観客動員数も堅調。チケット代金以上の価値を見い出したい」

〈みやま まさひろ〉
1966年6月28日生まれ、午年。広島県出身52歳。92年㈱正栄プロジェクト設立、代表取締役に就任。㈱レバンガ北海道会長、(一社)日本遊技関連事業協会理事・北海道支部支部長、あすか信用組合理事、(一社)教育文化振興会理事、(公財)北海道移植医療推進財団評議員、(一社)日本能率協会技術専門家。