義経浪漫紀行

■著者 滝口鉄夫
■定価 500円(476円+税)
■発行 2009年11月
■判型 文庫判
■ISBN ISBN978-4-88642-242-2

函館から知床まで21ヵ所の「義経」と「弁慶」の逸話を追った写真紀行

義経の夢の跡を追った旅はさらに続く。日高の新冠から、舞台を日本海沿岸に移し、積丹、神威岬、石狩、厚田、浜益、増毛、濃昼へ。さらに第二部では千島渡航の野望を胸に秘めた義経の足跡を訪ね、旭川、本別、釧路、知床をめぐる。


【目次】

義経最後の砦・判官館 ── 新冠
悲しいみの女郎子 ── 積丹
運命の義経との出会い ── 神威岬
ハマナス浜 ── 石狩
涙の岩 ── 厚田
義経の忘れ形見・黄金山 ── 浜益
魔法の巻物と義経 ── 増毛
蝦夷地最後の日 ── 濃昼

〈第二部〉日の出る千島への夢
義経酒宴の跡 ── 旭川
山渓に囲まれた義経の里 ── 本別
義経の砦・知人岬 ── 釧路
義経最果ての地へ ── 知床

おわりに
上巻紹介


【著者プロフィール】

滝口鉄夫滝口鉄夫(たきぐち・てつお)
1938年札幌生まれ。61年北海学園大学経済学部卒業後、北海タイムス社勤務を経て写真家に。長年にわたり世界の文化遺産、宗教、美術、民俗等の写真を撮り続けており、著書多数。社団法人日本写真家協会会員。日本旅のペンクラブ会員。