うたかた橋 下

■著者 町田誠也
■定価 500円(476円+税)
■発行 2009年9月
■判型 文庫判
■ISBN ISBN978-4-88642-226-2

あなたは思い出すことがありますか。日の光を浴びて輝いていたあの川を。

悲恋伝説が残る浦河町の「うたかた橋」での偶然の邂逅が、切ないラヴストーリーの始まりだった──索漠とした日々を過ごす男と、消しがたい過去を引きずる女の聞に芽生えた恋情。二人の思いは通じ合うのか。〈第29回北海道文学賞 佳作〉

※本書は、月刊クォリティ2005年2月号~2005年12月号に掲載されたものを文庫化したものです。


【目次】

うたかた橋(下)/あとがき


【著者プロフィール】

町田誠也町田誠也(まちだ・せいや) 1970年、北海道に生まれる。2003年『虹の向こう』(文芸杜)でテビュー。その後『あの場所へ、近づくために』(2006年・新風舎)を発刊。また、本書で2004年度の北海道文学賞の佳作を受賞。小説執筆のほかにラジオドラマや舞台の脚本、作詞活動も行っている。現在、札幌市在住。


うたかた橋 上

うたかた橋(上)
町田誠也 著