落日の戦後体制

■著者 田中秀征
■定価 500円(476円+税)
■発行 2010年2月
■判型 文庫判
■ISBN ISBN978-4-88642-250-7

細川首相特別補佐だった筆者、30歳当時の著作を復刻。

新しい時代の創造に臨もうとする我々にとって、もっとも重要なことは、“感覚を共有”することである。本書が単に読まれるだけでなく、“行動の書”となることを願っている。─著者「文庫版あとがき」より─

※本書は、1972(昭和47)年に㈱太陽から出版した同名の単行本を文庫化したものです。


【目次】

序にかえて/田中秀征のこと ── 斎藤精一郎
追加の時代/戦後的バランスを支える論理の破産
こびの氾濫/現代のパンとサーカスの正体
混迷の国家目標/目標設定の主体は誰か
退廃の役割/青年の退廃は破局への道行きか
暴力の割拠/過激派暴力集団の時代的意味を解剖
亜型の新人/旧人よりも古い「新人」の群を告発


【著者プロフィール】

田中秀征田中秀征(たなか・しゅうせい)
1940年長野生まれ。東大文学部、北大法学部卒。83年衆院選で初当選。93年武村正義氏らと新党さきがけを結成、代表代行就任。細川内閣で首相特別補佐、橋本内閣で経企庁長官を歴任。福山大学教授、学習院大学特別客員教授、北大公共政策大学院客員教授を経て現在福山大学客員教授。


落日の戦後体制2 落日の戦後体制 (下)
田中秀征 著