七十路の閑中日記2

■著者 井口民樹
■定価 500円(476円+税)
■発行 2010年3月
■判型 文庫判
■ISBN ISBN978-4-88642-256-9

「七十路(なそじ)」作家が一喜一憂しつつ拓く“朗境”を綴った「忙中閑有り」ならぬ「閑中忙有り」記

七十代になっても、悠悠閑閑(ゆうゆうかんかん)の時はなかなかやってこない。慌ただしい週刊誌ライターからは卒業したつもりでいても、「忙中閑有り」ならぬ「閑中忙有り」の日々にあって、達観とは程遠い小さな一喜一憂に、いつまでも追われそうである。(著者のことば)

※本書は、2009年2月号~2010年1月号に掲載されたものを再構成して文庫化したものです。


【目次】

毎日が「非常時」だった少年期/ゴウちゃん、福ねこになァれ/人間、死んでもゴミじゃない/健忘症と認知症の間で/東京ドームで金本の3発を見た/「守秘義務」に耐えられるか?/「海水バフンウニ」と「タラバ内子」/タカラジェンヌと逢って眼鏡を落とす/戦争について考えること/「追えば逃げる」トラを追い/寝たきりの友に軌跡が起きた/たばこやめます、トラスト・ミー!/ロカビリー


【著者プロフィール】

井口民樹井口民樹(いぐち・たみき)
ノンフィクション作家。1934年12月大分県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。産経新聞社を退社し、フリーライターとして活躍。著書に「愚徹のひと丸山千里」ほか。現在、週刊新潮「黒い報告書」執筆中。日本文芸家協会会員。千葉県浦安市在住。