高橋揆一郎の面談小説

■著者 月刊クォリティ編集部編
■定価 500円(税込)
■発行 2010年2月
■判型 文庫判
■ISBN ISBN978-4-88642-248-4

今も愛される「高橋節」。芥川賞作家が洒脱な語り口で北の名士の生きざまを聞いた!

歌志内出身の芥川賞作家が、さまざまな分野で活躍する個性豊かな面々と、丁々発止の軽妙なトークを展開。ゲストたちの素顔や知られざるエピソードを引き出し、その様子をまとめたものに「小説」の味わいを持たせた90年代の好評連載を再録した。“インタビュアー”高橋氏の魅力がぎっしり詰まった一冊。

※本書は、月刊クォリティ1992年6月号~1993年2月号に掲載されたものを文庫化したものです。


「面談小説」聞きなれないことばだ。
このシリーズのために作られた。
小説は小説であって大説ではない。
もともと市井のいさくさに真実を求めようとするものだ。
面談相手はひとかどの人物である。
その語るところに小説的真実を探ってみたい。
非礼にならぬような小説作法で綴ってゆく。


【目次】

有江 幹男/熊本 悦明/高木 幸雄/長谷川義一/澤田 誠一/河邨文一郎/見延 順章/樫原 泰明/佐藤 公亮


【プロフィール】

高橋揆一郎高橋揆一郎(たかはし・きいちろう)
1928年、歌志内市生まれ。73年『ポプラと軍神』で文学界新人賞、78年『伸予』で芥川賞を受賞。郷土に根をおろした活動を続け、97年、歌志内市名誉市民に。「月刊クォリティ」誌上では、対談シリーズを長期にわたって連載、多くの読者の好評を得た。07年1月没。


高橋揆一郎の面談小説1 高橋揆一郎の面談小説(1)
月刊クォリティ編集部 編

高橋揆一郎の面談小説2 高橋揆一郎の面談小説(2)
月刊クォリティ編集部編

高橋揆一郎の面談小説4 高橋揆一郎の面談小説(4)
月刊クォリティ編集部 編