虚空の風車3

■著者 外交官X(エックス)
■定価 500円(476円+税)
■発行 2010年2月
■判型 文庫判
■ISBN ISBN978-4-88642-247-7

日本の現役外交官が銃弾飛び交うプノンペンで体感した「カンボジア政変」の真実

1975年4月17日、プノンペンは陥落し、全国土は解放軍によって解放された。……この物語は5年間にわたるカンボジアの内戦で無惨にも生命を奪われた100万人以上のカンボジア人の霊に捧げる。

アジアで二度と同じ不幸が繰り返されないことを祈って。

※本書は、1976(昭和51)年12月に㈱太陽から出版された同名の単行本を文庫化したものです。


【目次】

第6章 後退(1975年2月)/第7章 脱出(1975年3月)/第8章 陥落(1975年4月)/第9章 送還(1975年5月)/第10章 国境を越えて


【著者プロフィール】

外交官X外交官X(エックス)
1938年生まれ。男性。執筆時は現役外交官だったため、「外交機密」の関係もあって、素性を明らかにできない。


虚空の風車1 虚空の風車(上)
外交官X 著

虚空の風車2 虚空の風車(中)
外交官X 著