道民雑誌「クォリティ」は、政治・経済をはじめ、北海道のすべてがわかる総合月刊誌です。

文芸賞

文芸賞イメージ

本誌は1973(昭和48)年から「北海道文学賞」を主催してきました。その間に第7回受賞・熊谷政江(藤堂志津子)さんが後に道新文学賞、直木賞を受賞、また第20回受賞・永井するみさんが新潮ミステリー倶楽部賞を受賞するなど、北海道の文学界の底上げにも貢献してきたと自負しています。

しかし近年、「小説ばかりではなく、俳句、短歌、エッセイなど領域をひろげてほしい」という声が増え、2013年募集の「第38回北海道文学賞」を最後に「文学賞」は終了し、2014年からは「北海道ノンフィクション賞」を併合し、「北海道文芸賞」を創設することといたしました。

本賞は前身である「北海道文学賞」から数えて43年を迎えましたが、インターネット、特にSNSの普及で、個人の作品発表の場が数多くあることなどを鑑み、本賞の役割を終えたと判断、2018年度の募集をもって、作品募集を終えることといたしました。

これまでご応募いただいた皆様に厚くお礼申し上げます。

 

これまでのあゆみ【受賞者一覧】
文学賞のあゆみ  ・ノンフィクション賞のあゆみ  ・文芸賞のあゆみ
PAGETOP
Copyright © 月刊クォリティ All Rights Reserved.
このページに掲載された内容の著作権は、株式会社太陽に帰属します。 無断での複製・掲載・転載・放送等を禁じます。

※コンピューターの漢字表示制限により、一部の漢字をひらがな等で表記している場合があります。