道民雑誌「クォリティ」は、政治・経済をはじめ、北海道のすべてがわかる総合月刊誌です。

ヘルスケア 〜症状から治療まで〜

  • HOME »
  • ヘルスケア 〜症状から治療まで〜

ヘルスケアイメージ

循環器科】弁膜症、心房細動、狭心症、心筋梗塞…ドクターがアドバイス

「ヘルスケア大百科」は病気にならないための健康情報に加え、診療科ごとに顕著な病気を専門医に解説してもらうシリーズ。今回から誌面をリニューアルし、最新のトピックスを掲載、また食事や運動について識者のインタビューを加えた。
1回目は、心臓病について循環器科の専門医の意見を交え、わかりやすく紹介する。

【心臓のしくみ①】左心室の収縮の圧力が「最大血圧」

心臓は全身の血管に血液を送るポンプの役割を果たしている。

心臓の内部は4つの部屋と4つの弁で構成されている。上側にある2つの部屋は「心房」と呼ばれ、血液が入ってくる場所。一方、下側にある2つの部屋は「心室」と呼ばれ、血液を送り出す働きをしている(図1・2)。

心室はポンプの作用をするので、心房より強大で、左心室は右心室より圧力が高い。この左心室の高い圧力によって、血液は大動脈を通ってすべての臓器に滞りなく送り出される。この左心室の収縮の圧力が「血圧」の最大血圧にあたる。

心臓の主な仕事は、酸素をたくさん含んだ血液をポンプの作用で体中に送り出すこと。毎分60回から90回収縮して血液を送り出す。これが「心拍数」で1年に換算すると、4200万回以上になる。

【心臓のしくみ②】4つの部屋(心房・心室)&4つのドア(弁)

心臓内の血液循環だが、全身を循環し酸素が少なくなった血液が静脈を通って右側の心房(右心房)に流入し、次に右側の心室(右心室)を通って肺に送り出され、そこで酸素を受け取る。

酸素を十分含んだ血液は、再び心臓に戻り、左側の心房(左心房)に入る。次いで左側の心室(左心室)へ流入、ここからポンプ作用で動脈に送り出されて体中を循環する。

弁は心臓内の血液の流れを一方向に維持するドアの働きがあり、右心房と右心室の間に「三尖弁」が、左心房と左心室の間に「僧帽弁」がある。太い血管と心室の間にも弁があり、右心室と肺動脈の間の「肺動脈弁」(右側)と、左心室と大動脈の間の「大動脈弁」(左側)だ。

【血圧・心電図】心臓の血液の「出」と「入」の2つの圧力を診る

「血圧」は、動脈の中の血流の圧力で、収縮期(最大)血圧は心臓が収縮し血液を送り出すときの圧力。拡張期(最小)圧力は、静脈から血液が心臓内に入るときの圧力だ。

WHOによる血圧の基準を紹介する(図3)。

一方の心電図は、心臓の筋肉が収縮する際の電気の記録。心拍1回で1つの波形が現れ、医師はその波形を診て診断する(図4)。

【運動】安静第一から適度な運動の必要性へ

心臓病では、かつては安静第一で動かないことがよいと言われていたが、最近では生命予後の改善に適度の運動が必要とされている。そこで日本循環器学会が推奨する運動療法を紹介する(図5)。

スクワット(上)では、下肢の筋肉にしっかりと負荷をかけるのがポイント。体幹のストレッチ(下)を含め、5〜10回3セットを目標に運動する。

【脳と肺との関連】心臓がもたらす「脳梗塞」や「肺水腫」

心臓は血管を通じて脳や肺とつながっており(図6)、心臓病が原因で脳疾患や肺疾患をもたらすこともある。

不整脈の代表である心房細動の90%以上は、左心房に連続する肺静脈の箇所で発生する。肺静脈は肺をめぐって酸素化された血液が心臓に戻ってくる血管で、左心房との接合部付近では、筋層が存在し、ここに発生する非常に速い電気活動が心房細動を引き起こすのだ。この肺静脈をターゲットにしたカテーテル・アブレーション治療により、大半の心房細動は根治することが可能となった。

また心房細動になると正常時にみられる心臓のポンプの働きが弱くなるため、心臓の中で血のり(血栓)ができやすくなる。心房細動での心拍数は毎分500回になり、心臓が収縮するというより、さざ波が立つといった状態になる。そのため血液がよどみ、血のりが固まって、脳の血管に飛ぶのが脳梗塞のうちの脳血栓塞栓症である。

一方、肺との関わりも重要で、心臓が原因で肺高血圧症や肺水腫になったり、逆に肺の影響(慢性閉鎖性肺疾患など)で不整脈が起こることもある。

このように循環器の専門医は心臓だけでなく脳や肺の疾患についても常に念頭に置きながら診療にあたることになる。

【がんとの関連】がん自体ではなく心臓病などの合併症で亡くなる

脳にがん(脳腫瘍)ができるのに対し、心臓にはがんはできない。

ところが、いま世界の臨床現場でがんと心臓病を含めた循環器疾患との関わりが大きな問題になっている。分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬などの登場で、がんは治る時代になったと言えるが、がん患者の予後がよくなった半面、心臓病や脳梗塞などの合併症で亡くなるケースが増えているという。

「がん細胞は血を固まらせる物質を出すため、全身に血栓ができやすい」

と旭川医科大学の長谷部直幸教授は説明する。続けて、「いままではがんを治すことだけに着眼していたため、問題になることが少なかったが、がんが治る時代になって合併症で亡くなるケースが目立ち、世界的な問題として取り上げられるようになった」

という。

また分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬が血圧の上昇や心筋の炎症などの副作用を招くことも指摘されている。

現在、その治療ガイドラインがなく、日本腫瘍循環器学会が昨年設立され、その作成を検討する方針だ。

●【心臓病】牡蠣は心臓病の予防に効果あり?
牡蠣には血圧を下げる働きの「タウリン」と「エイコサペンタイン酸(EPA)」が多く含まれている。EPAは血液中の血栓をできにくくしたり、血圧上昇の原因である血管の収縮を抑える作用がある。タウリンは降圧作用のほか、心臓の興奮を鎮める作用も。一度、お試しを。
●【心臓病】新陳代謝を促す「らっきょう」
心臓病予防で注目されているのが「らっきょう」。らっきょうには、ビタミンB1の吸収をよくする働きがある。ビタミンB1が不足すると、血液が酸毒化し、体内の新陳代謝が悪くなり、イライラや神経過敏になって心臓に負担がかかる。
らっきょうで体内の新陳代謝を促してみては。
●【心臓病】「コエンザイムQ10」は心臓のポンプ機能を高める?
コエンザイムQ10はエネルギーを生成。サプリでこの物質を補うと、心臓の収縮力が高まり、不整脈や狭心症、低血圧の予防になるといわれている。心臓の薬を服用している場合には医師と相談の上、摂取することが必要だ。

狭心症動脈硬化症と冠攣縮性の2タイプ

▲北海道大学大学院
医学研究院
循環器内科学教室
安斉 俊久教授

——狭心症の種類は。
狭心症には動脈硬化が原因の①動脈硬化性と、冠動脈が収縮する②性の2つのタイプがあります。
狭心症の多くは①で、①は動作に伴って起こるのが一般的で安静時には起こらない。逆に若い人に多い②は安静時や夜間・早朝に起こることが多いです。

——症状と診断は。
①も②も胸の痛み。①は運動中に徐々に痛みが強くなって安静にすると治まりますが、②は突然起こり、心室細動で突然死することもあります。
診断は、①については運動負荷検査や心筋シンチグラフィー検査がありますが、運動負荷をかけられない方には冠動脈エコー検査を行います。②はホルダー心電図(24時間)を使い、確定診断では冠攣縮誘発試験を行います。

——治療は。
①は抗血小板剤やβ遮断薬、「スタチン」のような薬物治療がありますが、カテーテルによるステント治療が主流です。②はカルシウム拮抗薬による薬物治療です。

僧帽弁閉鎖不全症弁膜を温存・修復する「形成術」進行した場合には「置換術」も

▲北海道大学病院
循環器・呼吸器外科
若狭 哲講師

——僧帽弁閉鎖不全症とは。
僧帽弁閉鎖不全症は、大動脈弁狭窄症と並ぶ弁膜症の1つで、弁が閉じなくなる病気です。弁が大きくなったり、加齢による変性で弁の「腱索」が切れたりするのが原因。僧帽弁はパラシュートのような形状をしていて、その紐にあたる部分が腱索です。主な症状は息切れと動悸です。

——診断と治療は。
聴診器で血液の逆流の程度がある程度わかりますが、確定診断ではエコー検査で行います。
治療には薬物療法がありますが、対処療法にしかなりません。そのため根本治療として外科手術が行われます。
外科手術では弁膜を温存して修復する「形成術」を行い、複雑な場合には人工弁に取り換える「置換術」が行われます。
僧帽弁閉鎖不全症では多くの場合、術後の生活の質が高い形成術が選択され、症状が進行すると置換術になる場合もあります。置換術での人工弁には機械弁と生体弁があります。

心房細動・心室細動心臓発作の突然死に注意したい心室細動

▲札幌医科大学医学部
循環器・腎臓・代謝
内分泌内科講座
三浦 哲嗣教授

——心房細動の症状は。
症状には、動悸(脈が不規則に感じる)といった不整脈の症状と、息切れや足のむくみ、倦怠感という心不全の症状の2パターンがあります。高齢、高血圧、糖尿病、心不全、慢性腎臓病の方は心房細動になりやすい。
心房細動では、心臓の中に血の固まり(血栓)ができて、脳に飛んで脳梗塞になることもあるので注意が必要です。

——診断と治療は。
診断は24時間心電図や植込み型心電図を使います。治療では、抗不整脈薬や脳血栓塞栓症予防の抗凝固薬を使います。そのほかカテーテル・アブレーション治療を行います。

——心室細動とは。
心室での拍動が不規則になって、ポンプの役割を果たさなくなるのが心室細動。心臓が止まるのと同じ状態になるので突然意識がなくなって倒れます。
治療は倒れてから5分以内に胸骨圧迫や除細動器(AED)を使った電気ショックのような救急蘇生が必要です。

大動脈弁狭窄症開胸手術に耐えられない患者のために低侵襲のカテーテル治療「TAVI」

▲札幌医科大学
心臓血管外科学講座
川原田 修義教授

——大動脈弁狭窄症とはどういう病気なのですか。
高齢者に多く、動脈硬化により発症します。心臓の左心室と大動脈を隔てている大動脈弁が硬くなり(石灰化)、弁がうまく開かなくなる病気です。

——その治療法にはどういったものがありますか。
現在では、外科手術として心臓を停止させて人工弁に取り換える手術が一般的に行われております。しかし高齢の方や他の病気を患っている方では、このような手術が無理だと判断される場合が多くありました。「TAVI」(経カテーテル大動脈弁留置術)はそのような状態にある方々に向けた新しい治療法なのです。
通常は太ももの付け根の太い血管(動脈)からカテーテルを挿入する「経大腿アプローチ」で行います。悪くなった大動脈弁の中に人工弁を入れてバルーン(風船)で膨らませて挿入します。「TAVI」は翌日から歩くことができるほど、低侵襲な治療です。

心筋梗塞高齢者、糖尿病・人工透析患者が注意したい「無痛性の心筋梗塞」

▲旭川医科大学医学部
循環・呼吸・神経病態内科学分野
長谷部 直幸教授

——心筋梗塞とは。
心筋梗塞は冠動脈が詰まることで、血液が流れなくなり、心臓の筋肉が死んでしまう病気です。血流が完全に途絶えて一定時間(15分以上)経過すると、筋肉が元に戻らなくなる。これがです。それが進む過程で、少しでも軽いうちに血流を再開させることが治療の中心になります。
症状では胸の痛みがあります。「何とも言えない不快感を伴った痛み」が15分以上続く場合、心筋梗塞を疑った方がいいでしょう。5〜10分で痛みがなくなる狭心症と異なります。ただ高齢者や糖尿病の方、透析患者は痛みを感じずらい無痛性の心筋梗塞もあって、注意が必要です。

——治療は。
治療は、再灌流療法という内科的治療が主流です。足の付け根からカテーテルを入れて詰まっている箇所をバルーン(風船)で広げ薬物溶出性ステントを入れる治療法です。今年3月に心筋梗塞の新しい治療ガイドラインが作成されました。

胸部大動脈瘤大動脈にこぶができる「真性」と内膜に亀裂が入る「解離性」

▲旭川医科大学
心臓大血管外科学分野
紙谷 寛之教授

——胸部大動脈瘤とは。
胸部大動脈瘤には①真性のものと②解離性の2種類があって、①真性の胸部大動脈瘤は胸部にある大動脈にこぶができて、それが大きくなると破裂してしまう病気です。
一方、②解離性胸部大動脈瘤は大動脈の内膜が破たんして血管が内側から裂けてしまう病気です。
①真性の大動脈瘤は破裂するまで症状がありません。基本的にはこぶが5・5センチより大きくなった場合に手術を行います。
治療は、開胸による人工血管置換術が一般的です。最近はより低侵襲のステントグラフト治療も行われています。

——解離性大動脈瘤とは。
解離性大動脈瘤の症状は、胸から背中にかけて激痛があります。裂ける部位によって治療法が異なり、心臓の出口付近の上行大動脈に生じたものは緊急手術が必要で、48時間以内に手術しないと50%が死亡します。それ以外は保存的治療が基本になります。

食事食品群別割合と順番で動脈硬化を防ぐ

▲札幌医科大学
保健医療学部
基礎臨床医療学
斎藤 重幸教授

—狭心症や心筋梗塞を予防するための適切な食事とは。
成人の適正カロリーは1日1400〜1600カロリー。それを①炭水化物、②脂質、③蛋白質の食品群別に摂取割合を考え、バランスのとれた食事が重要です。具体的には、炭水化物50%、脂質20〜25%、蛋白質25%の割合がお勧めです。
肥満が指摘されている人は、体重を減らす食事を心がけたい。
体重を減らす食事とは、カロリーを減らすこと。言い換えれば炭水化物(糖質)を減らすことです。野菜を摂ることも大切で、1日当たり300グラムの摂取をお勧めします。
順番は①野菜、②蛋白質(肉など)、③炭水化物の順。①蛋白質、②野菜の順を推奨される方もいますが、いずれにしても③炭水化物を最後に摂ることで血糖値の上昇を防ぐことができます。
血糖値の上がり下がりが血管をボロボロにします。同じカロリーを摂っても順番を考えることで、動脈硬化を防ぐことができます。

病名 症  状 治  療
心筋症 心臓のポンプ機能が低下する病気。原因不明の「拡張型」と「肥大型」がある。主な症状は息切れ、動悸、むくみ。 塩分制限など生活習慣の改善のほか、β遮断薬やレニン・アンジオテンシン阻害薬による薬物治療。
心膜症 ウィルスが体内に入って心臓を包む膜(心膜)で炎症を起こす病気。症状は胸の痛みや発熱。 消炎鎮痛薬による薬物治療が一般的。
肺性心 肺の血液の循環が悪くなり(肺動脈の閉塞)、肺へ血液を送り出す心臓の右心室に負担がかかって機能不全が起こる病気。発熱、頻脈、急激な呼吸困難、チアノーゼ、胸部痛。喀血や失神を伴うことも。 原因となる肺疾患の治療を行いながら利尿剤や血管拡張剤を用いて右心不全の治療を行う。
心肥大 高血圧の進行などで心臓の筋肉が肥厚し、心臓のポンプとしての機能が弱まり、血液を全身に送ることができなくなり、心不全に。症状は運動時の息切れや全身の倦怠感、むくみ、めまい、呼吸困難など。 基礎疾患に高血圧がある場合には血圧を下げる薬物治療を行い、大動脈弁狭窄症がある場合には弁の手術を行う。
心房中隔欠損症 心臓の右心房と左心房の間にある「心房中隔」と呼ばれる壁に生まれつき穴(欠損孔)が開いている病気。肺血管の血圧が高くなり、症状は呼吸困難や不整脈など。心房細動や心不全、肺高血圧症などが合併することも。 閉鎖栓で欠損孔を閉じるカテーテル治療(アンプラッツアー法)や欠損孔を閉鎖する外科手術。
三尖弁閉鎖不全症 三尖弁が閉じにくくなり、血液が逆流する病気。腹部の痛みや足のむくみなど。軽・中度の場合には自覚症状がないことも。 重度の場合には手術(三尖弁の形成術)を行う。
PAGETOP
Copyright © 月刊クォリティ All Rights Reserved.
このページに掲載された内容の著作権は、株式会社太陽に帰属します。 無断での複製・掲載・転載・放送等を禁じます。

※コンピューターの漢字表示制限により、一部の漢字をひらがな等で表記している場合があります。