増田 雅俊氏/稚内信用金庫 理事長

増田 雅俊氏

売り上げ伸長のサポートや人材確保まで
あらゆるサービスの提供が求められる

増田 雅俊氏

(一社)北海道信用金庫協会 会長
(一社)全国信用金庫協会 副会長
稚内信用金庫 理事長

「北海道は札幌圏を除き、それぞれの地域で信用金庫がトップバンキング。圧倒的な責任がある。苦しい時こそ身の周りの金融機関がしっかりしていれば、皆さん、安心して仕事ができます」とポストコロナの経済活動で「今まで以上に重要な役割が期待されている」と力説する。
「これまでは国の補助金等のサポート態勢が整っていた。それが次第になくなっていくと、サービス業などはますます厳しい局面を迎える」と語り、「余裕を持った『今のうち廃業』から、展望が開けない『あきらめ廃業』が増えかねない。地域経済を回していくためにも、融資等のお金に関する仕事だけでなく、企業と企業をつなぐ仲介や、売り上げを伸ばすためのサポート、さらには業界団体を連携しての人材確保まで、あらゆるサービスを提供していかなくてはならない」とも。

〈ますだ まさとし〉
1953年11月28日生まれ、巳年。宗谷管内猿払村出身、68歳。稚内高、北大法学部卒。78年稚内信用金庫入庫、2001年理事業務推進部長、04年常務理事総務部長、06年6月理事長。16年6月北海道信用金庫協会会長、20年6月全国信用金庫協会副会長。