北大白内障外来のチーフドクター
「コロナ禍でも緑内障の定期受診を」


笹本 洋一氏
ささもと眼科クリニック 院長

笹本洋一院長は日常診療に加え、北大病院の客員臨床教授や白内障外来のチーフドクター、札幌医大の臨床教授を務める。そのほか道医師会の常任理事や道眼科医会の会長を務め、また道の地域医療構想アドバイザーに就任するなど八面六臂の活躍だ。

緑内障は進行すると失明に至る恐ろしい病気だが、「コロナ感染による受診抑制で、緑内障が進行するケースが増えている。コロナ禍でも定期受診を」と注意を呼び掛ける。コロナ対策でオンライン診療が注目されているが、視力や眼圧などの検査が自宅で行えず、眼科ではオンライン診療は難しいという。

また抗微生物薬(抗菌薬や抗生物質)が効かない耐性菌が世界的に増えているのも大きな問題で、「抗微生物薬を減らす対策も急務の課題」と警鐘を鳴らす。

〈ささもと よういち〉
1959年5月27日生まれ、亥年。札幌市出身、61歳。札幌南高、北大医学部卒。北大病院眼科病棟医長を経て、2001年4月に開業。北大病院客員臨床教授。北海道医師会常任理事。北海道眼科医会会長。日本眼科学会専門医。